長興院

長興院

長興院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)長興院を創建した滝川一益(たきがわかずます)は織田信長に仕え、関東管領に命ぜられました。しかし本能寺の変後の賤ヶ岳の戦では柴田勝家・織田信孝とともに豊臣秀吉に敗れ、伊勢5郡を秀吉に差し出して降伏しました。

【長興院 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市右京区花園妙心寺町63
最寄り駅・バス停・・・妙心寺前(徒歩約3分)、妙心寺北門前(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から長興院は26系統(D3乗り場)北
*四条烏丸からは26系統北、91系統前
*四条河原町からは10系統北
*河原町丸太町からは10系統北、93系統前
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は花園駅(徒歩約8分)
*嵐電(京福電鉄)北野線の場合、最寄り駅は妙心寺駅(徒歩約10分)

【長興院 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【長興院 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

スポンサーリンク


【長興院 歴史・簡単概要】
長興院(ちょうこういん)は1581年(天正9年)滝川一益(たきがわかずます)が妙心寺56世・九天宗瑞(くてんそうずい)を開祖として、暘谷庵(ようこくあん)跡に創建しました。その後1606年(慶長11年)津田秀政(つだひでまさ)が再興して暘谷院と号し、津田家の菩提塔頭にしました。しかし1635年(寛永12年)に秀政が亡くなると秀政の法名「暘谷院殿清岳宗規居士」に因み、名称が長興院に改められました。その後1686年(貞享3年)に現在の場所に移され、1692年(元禄5年)に大雲院(だいうんいん)を合寺し、1878年(明治11年)に後園院(こうえんいん)を合寺しました。
長興院は臨済宗妙心寺派大本山・妙心寺の塔頭です。
*参考・・・長興院(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【長興院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】

【長興院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-465-0802

【長興院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
*京都バスの場合、三条京阪からは61系統、62系統、63系統、65系統、最寄りのバス停は妙心寺前(徒歩約3分)
京都バス・アクセスダイヤ
妙心寺(アクセス・見どころ・・・)情報
妙心寺見どころ

【長興院 おすすめ散策ルート】
長興院からのおすすめ散策ルートは妙心寺北にある「きぬかけの道」沿いに仁和寺・龍安寺を散策するルートです。40分ほど散策すれば、いすれも世界遺産である仁和寺・龍安寺を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお長興院周辺には妙心寺・退蔵院・養源院・海福院・春光院・大通院・桂春院があり、それらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 晴明祭

    2017年9月のイベント

    京都市内などで2017年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る