大乗寺

大乗寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)大乗寺の酔芙蓉は1995年に苗木100本ほどが寄贈され、挿し木によって株が増やされ、現在では1300株以上になっているそうです。酔芙蓉は花の色が1日の内に変化し、その様が酒に酔って頬を染める姿に喩えられて名付けられました。

【大乗寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市山科区北花山大峰町38-1
最寄り駅・バス停・・・御陵駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*烏丸御池からは地下鉄東西線
地下鉄・アクセスダイヤ

【大乗寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:00
年中無休

【大乗寺 拝観料金・料金(要確認)】
無料(一般花見客)

スポンサーリンク


【大乗寺 歴史・簡単概要】
大乗寺(だいじょうじ)・酔芙蓉の寺は江戸時代に戒禅比丘隆韶大和尚を開基として七本松内野に創建されたのが起源とも言われています。禅宗から法華に改宗されたとも言われています。その後無本山の尼寺だったが、約200年前に法華宗の大本山・本能寺(ほんのうじ)の末寺になったと言われています。代々檀家が少なく細々と継承され、昭和初期に尼僧・松崎恵浄が本堂・庫裡を改築して復興したが、約20年前に現在の場所に移るが、その後も廃寺になり掛け、1992年(平成4年)から本山執事長を辞した岡澤海宣(おかざわかいせん)が復興しました。
大乗寺は日蓮宗の寺院です。
*参考・・・大乗寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【大乗寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
大乗寺の見どころは毎年秋に咲き誇る酔芙蓉です。また日蓮宗(法華宗)の宗祖・日蓮(にちれん)が身延山(山梨県)の草庵で詠んだとされる「立ちわたる 身のうき雲も 晴れぬべし たえぬ御法(みのり)の 鷲(わし)の山風」が刻まれた高さ約1メートルの歌碑も見どころです。

【大乗寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-591-5488

【大乗寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【大乗寺 おすすめ散策ルート】
大乗寺からのおすすめ散策ルートは北にある南禅寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、東山の自然を感じながら南禅寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。ただ少し距離がある為、あまり無理はしない方がいいかもしれません。なお大乗寺は市街地から少し離れ、周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2018年11月のイベント

    京都市内などで2018年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは紅葉が見ごろを迎える…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る