大聖寺

大聖寺

大聖寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)大聖寺は北朝第5代・後円融天皇の皇女・理栄宮の入寺以来、「御寺御所(おてらのごしょ)」と言われ、正親町天皇の皇女が入寺した際には天皇から尼門跡第1位の綸旨(りんじ)を賜り、尼門跡筆頭(第2位宝鏡寺・第3位曇華院)になりました。

【大聖寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区烏丸今出川上ル御所八幡町109
最寄り駅・バス停・・・今出川駅(徒歩約3分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から大聖寺は地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

【大聖寺 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【大聖寺 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

スポンサーリンク


【大聖寺 歴史・簡単概要】
大聖寺(だいしょうじ)・萩寺は1368年(正平23年)室町幕府3代将軍・足利義満が北朝初代・光厳天皇の法事を天龍寺で行った後に出家した天皇妃・無相定円禅尼(むそうていえんぜんに)を室町御所・岡松殿に迎えて安禅所にしたのが起源です。大聖寺の名称は無相定円禅尼の法名「大聖寺殿無相定円禅定尼」に由来しています。その後長谷に移って北山大聖寺と称したが、更に毘沙門町に移ったり、焼失したりして、1697年(元禄10年)に旧地・岡松殿跡に戻りました。ただ1788年(天明8年)の天明の大火でも再び焼失し、その後光格天皇が復興を続けました。なお北朝第5代・後円融天皇の皇女・理栄宮の入寺以来、御寺御所と言われ、中御門天皇の第7皇女・天巌永皎尼(永皎女王)が住持の時に「御寺御所(おてらのごしょ)」の称号を賜りました。
大聖寺は臨済宗系単立の寺院です。
*参考・・・大聖寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【大聖寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
大聖寺の見どころは宮御殿です。宮御殿は光格天皇の皇女・普明浄院宮の入寺の際に建てられました。また本堂前庭の枯山水式庭園も見どころです。庭園は明正天皇の形見として下賜されたそうです。

重要文化財・・・絹本著色一翁院豪像、無外如大自筆譲状

【大聖寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-441-1006

【大聖寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
市バスの場合、四条河原町・三条京阪からは59系統、最寄りのバス停は烏丸今出川(徒歩約5分)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【大聖寺 おすすめ散策ルート】
大聖寺からのおすすめ散策ルートは南東にある京都御苑(京都御所・仙洞御所)に向かうルートです。10分ほど散策すれば、京都御苑に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。ただ京都御所・仙洞御所の拝観には事前の申込みが必要です。なお大聖寺の北東には世界遺産である下鴨神社(賀茂御祖神社)があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 東山花灯路
    東山花灯路2019は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北側の…
  4. 青龍会
    清水寺青龍会は京都の春の風物詩です。青龍会は毎年3月14日・3月15日に行われています。青龍会では転…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る