大善寺

大善寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(最終確認2014年末)大善寺は六地蔵信仰の発祥地と言われ、六地蔵巡りの第1番札所になっています。なお2番札所・浄禅寺(鳥羽地蔵)、3番札所・地蔵寺(桂地蔵)、4番札所・源光寺(常盤地蔵)、5番札所・上善寺(鞍馬口地蔵)、6番札所・徳林庵(山科地蔵)です。

【大善寺 アクセス・地図】*アドレス変更により、順次置き換え中です。
場所・・・京都府京都市伏見区桃山町西町24
最寄り駅・バス停・・・六地蔵駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からはJR奈良線

*京阪電鉄宇治線の場合、最寄り駅は六地蔵駅(徒歩約10分)
*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は六地蔵駅(徒歩約10分)

【大善寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:00
年中無休

【大善寺 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【大善寺 歴史・簡単概要】
大善寺(だいぜんじ)・伏見地蔵は705年(慶雲2年)藤原鎌足(ふじわらのかまたり)の子・定慧(じょうえ)が開創し、法雲寺と称したのが起源です。852年(仁寿2年)三井寺(園城寺)の智証大師(ちしょうだいし)・円珍(えんちん)が伽藍を修造し、6体の地蔵尊を安置して六地蔵と称し、天台宗に改めました。(諸説あり)その後兵火によって焼失し、頓誉琳公(とんよりんこう)が再興し、天台宗から浄土宗に改め、名称も大善寺に改めました。なお1703年(元禄16年)に焼失するが、翌1704年(宝永元年)に勧修寺・宮殿が移されて再建しました。
大善寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・大善寺

【大善寺 見どころ・文化財】
大善寺の見どころは六地蔵巡り(地蔵盆)です。六地蔵巡りは洛外6寺で8月22日・23日に行われます。また臥龍の松も見どころです。臥龍の松は1665年(寛文5年)に植えられ、現在は2代目です。

【大善寺 連絡先(現在確認中・要確認)】*むやみに電話しないで下さい。情報収集はネットで行って下さい。
電話番号・・・075-611-4966

【大善寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【大善寺 おすすめ散策ルート】
大善寺からのおすすめ散策ルートは北西にある伏見桃山城に向かうルートです。20分ほど散策すれば、伏見桃山城まで行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。海宝寺の南東には聖財寺・正行寺があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。なお大善寺周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る