出水七不思議

光清寺

出水七不思議には次のようなものがあります。なお出水通(でみずどおり)は京都市を東西に走る通のひとつです。出水通は南北に走る烏丸通から西に続くが、京都府庁に突き当たって一旦中断し、京都府庁から七本松通まで続いている比較的短い通です。

【出水の七不思議 アクセス・地図】

スポンサードリンク


【出水七不思議 浮かれ猫】
浮かれ猫は光清寺の弁天堂の南に掲げられている「牡丹に三毛猫」の絵馬のことです。絵馬の猫が遊郭から流れてきた三味線の音につられて抜け出し、女性の姿に化けて踊って大騒ぎになり、住職が法力で絵馬に封じ込めました。その後住職の夢枕に猫の化身として衣冠束帯に威儀を正した武士が現れ、「封じ込められて苦しくてしかたがない。今後世間を騒がすことは決してしないので、許してもらえないか」と嘆願し、住職は猫を哀れに思って法力の封を解いたという伝承が残されています。
(出水七不思議 浮かれ猫豆知識)
●浮かれ猫の絵馬がある光清寺は寺伝によると1669年(寛文9年)伏見宮貞致親王(さだゆきしんのう)が生母・安藤定子の為に杲山(こうざん)を開山として創建しました。
出水七不思議・光清寺

【出水七不思議 日限薬師】
日限薬師(ひぎりやくし)は地福寺の本尊・薬師如来のことです。薬師如来には小さな穴が空いた石の穴に5色の紐を通して奉納し、49日間祈願したら耳の病気が治ったという伝承が残されています。なお薬師如来は道空の念持仏で、一定の日を決めて願い事をすると耳の不自由を治すとされ、日限薬師と言われるようになりました。
(出水七不思議 日限薬師豆知識)
●日限薬師がある地福寺は寺伝によると弘仁年間に真言宗の僧・真済(しんぜい)が嵯峨天皇の勅許により、太秦安井に創建したと言われています。その後享保年間に道空が関白・鷹司の北政所の病気平癒に効があったことから現在の場所に移りました。
出水七不思議・地福寺

【出水七不思議 時雨松】
時雨松(しぐれまつ)はかつて華光寺にあったが、1912年(大正元年)に枯れました。枯れた松の根は梵鐘の下に残され、2代目の松が植えられています。時雨松は関白・豊臣秀吉の手植と言われ、晴れていても枝から時雨のように露が落ちると言われていました。なお華光寺には時雨松以外にも5色の花を咲かしたと言われている五色椿もあったが、時雨松と同様に30年以上前に枯れたそうです。
(出水七不思議 時雨松豆知識)
●時雨松があった華光寺は1582年(天正11年)妙顕寺12世・日堯(にちぎょう)が関白・豊臣秀吉の援助により、隠居所として創建しました。
出水七不思議・華光寺

【出水七不思議 百叩きの門】
百叩きの門は観音寺の山門のことです。観音寺の山門は楠の一枚板で、伏見城の牢獄の門が移されたものです。牢獄の門の前では罪人を青竹で100回叩いて釈放するが、罪人の中にはその場で息絶える者もいたことから百叩きの門と恐れられていました。なお観音寺では前を通ると人の泣き声が聞こえるという噂が広まり、住職が調べると門の脇にある小袖門(こそでもん)が風が吹くと自然に開いて呻くような人の声が聞こえることが分かりました。住職は門に取り憑いている罪人の恨みを祓う為、100日食を断ち、念仏を唱え続けると呻くような人の声はしなくなったと言われています。
出水七不思議であるである百叩きの門がある観音寺は1607年(慶長12年)梅林和尚が一条室町に創建しました。

【出水七不思議 寝釈迦】
寝釈迦は五劫院の山門の脇にある小袖門にあります。小袖門の上にある框(かまち)の木目がまるでお釈迦様が西枕で横たわっているように見えると言われています。
(出水七不思議 寝釈迦豆知識)
●寝釈迦がある五劫院は宝暦年間に僧・喚誉が開基したと言われています。

【出水七不思議 2つの潜り戸】
2つの潜り戸は極楽寺の山門にある小袖門のことです。一般的に山門は小袖門が1つのことが多いが、極楽寺の山門には2つ小袖門があります。その為山門は三つ門とも言われています。なお極楽寺には1587年(天正15年)関白・豊臣秀吉が行った北野大茶会で使われた名水・金谷水(きんこくすい)もあります。金谷水は飲んで勝負事に挑むと必ず勝つと言われ、勝井戸(かちいど)とも言われました。
(出水七不思議 2つの潜り戸豆知識)
●2つの潜り戸がある極楽寺は浄土宗の寺院です。

【出水七不思議 応挙の幽霊】
応挙の幽霊はかつて玉蔵院にあったが、行方不明になり、その後建仁寺の塔頭・大統院で見つかりました。絵師・円山応挙(まるやまおうきょ)は長崎を旅した時に肺病(結核)を患ってひどく痩せた遊女に出会いました。遊女は京都の三条あたりに住んでいたが、無理やり長崎に連れてこられました。応挙は遊女を不憫に思って、その姿を掛け軸に描きました。ひどく痩せた遊女は幽霊のように見えたことから応挙の幽霊と言われるようになりました。なお応挙はある僧に幽霊について尋ねたところ僧は「霊には行足がない」と答えたことから足を描かない幽霊画を初めて描いたとも言われています。
(出水七不思議 応挙の幽霊豆知識)
●応挙の幽霊があった玉蔵院は1634年(寛永11年)臨済宗の僧・仏頂が開山ました。

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 東福寺紅葉

    京都紅葉見頃2016

    京都紅葉見頃情報を紹介しています。紅葉の見頃(見ごろ)は例年11月上旬頃から12月上旬頃までです。た…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭2017は京都の秋の風物詩です。時代祭は毎年10月15日の参役宣状祭がら始まり、23日の後日祭…
  2. 五山送り火
    五山送り火2017(五山の送り火・大文字焼き)は京都の夏の風物詩です。五山送り火は毎年8月16日に行…
  3. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 嵐山花灯路

    嵐山花灯路2016/12/9~

    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯路は嵐山…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る