曇華院

曇華院

曇華院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。曇華院は皇室や公家の女性が入寺して尼門跡寺院になり、京都の7尼門跡寺院の中で第1位大聖寺・第2位宝鏡寺に次ぐ第3位に列せられました。なお臨済宗の尼門跡には霊鑑寺・円照寺・林丘寺・慈受・宝慈院もあります。

【曇華院 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨北堀町25
最寄り駅・バス停・・・下嵯峨(徒歩約3分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(備考参考)
*京都駅から曇華院は72系統(C6乗り場)、73系統(C6乗り場)
京都バス・アクセスダイヤ

*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約7分)
*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は鹿王院駅(徒歩約3分)

スポンサードリンク


【曇華院 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【曇華院 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

【曇華院 歴史・簡単概要】
曇華院(どんけいん・どんげいん)は室町幕府3代将軍・足利義満が第2代将軍・足利義詮の夫人・紀良子の母・智泉聖通尼を開基として、高倉宮跡に通玄寺(つうげんじ)を建立し、尼僧の禅道場にしたのが起源です。その後智智泉尼が曇華庵に隠退し、将軍家の息女が住持に就いたが、通玄寺・曇華庵は焼失したと言われています。しかし通玄寺・曇華庵は再建されて合寺し、名称を曇華院に改めました。その後1603年(慶長8年)に焼失し、後西天皇の皇女・大成聖安尼が中興し、1707年(宝永4年)には東山天皇から紫衣が贈られ、大聖寺・宝鏡寺と並ぶ特権を得ました。ただその後も度々焼失し、明治維新後に鹿王院の塔頭・瑞応院(ずいおういん)があった場所に移って再興されました。
曇華院は臨済宗系単立の寺院です。

【曇華院 見どころ・文化財】
曇華院の見どころは本尊・十一面観世音菩薩です。十一面観世音菩薩は恵心僧都(えしんそうず)・源信(げんしん)作と言われています。

【曇華院 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-861-0358

【曇華院 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】
*市バスの場合、四条河原町・四条烏丸からは11系統、最寄りのバス停は下嵯峨(徒歩約3分)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【曇華院 おすすめ散策ルート】
曇華院からのおすすめ散策ルートは嵐電(京福電鉄)嵐山線沿いに天龍寺に向かうルートです。20分ほど散策すれば、世界遺産である天龍寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお天龍寺周辺には北側に竹林の道(竹林の小径)・野宮神社・柿落舎、南側には嵐山・渡月橋・法輪寺などがあり、それらも一緒に散策するのもいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 東福寺紅葉

    京都紅葉見頃2016

    京都紅葉見頃情報を紹介しています。紅葉の見頃(見ごろ)は例年11月上旬頃から12月上旬頃までです。た…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭2017は京都の秋の風物詩です。時代祭は毎年10月15日の参役宣状祭がら始まり、23日の後日祭…
  2. 五山送り火
    五山送り火2017(五山の送り火・大文字焼き)は京都の夏の風物詩です。五山送り火は毎年8月16日に行…
  3. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 嵐山花灯路

    嵐山花灯路2016/12/9~

    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯路は嵐山…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る