伏見稲荷大社

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)京都駅からの伏見稲荷大社アクセスでは電車がおすすめです。伏見稲荷大社に最も近い駅はJR奈良線・稲荷駅で京都駅から直結し、稲荷駅のすぐそばに伏見稲荷大社があります。ちなみに四条河原町や祇園からは京阪本線がおすすめで、最寄駅は伏見稲荷駅になります。(下記参照)。

【伏見稲荷大社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区深草藪之内町68

伏見稲荷大社アクセス(電車・バス・・・・)

【伏見稲荷大社 アクセス(電車)】
最寄り駅・・・稲荷駅(徒歩すぐ)
アクセス路線は次の通りです。
*京都駅からはJR奈良線

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は伏見稲荷駅 (徒歩約5分)

【伏見稲荷大社 アクセス(バス)】
最寄りバス停・・・稲荷大社前(徒歩すぐ)
アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から伏見稲荷大社は南5系統(C4乗り場)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【伏見稲荷大社 アクセス(タクシー)】
*京都駅からの場合、渋滞などがなければ15分ほどで到着します。ちなみに距離は約4キロです。

【伏見稲荷大社 アクセス(自動車)】
*伏見稲荷大社駐車場周辺(道路)は大変混雑し、おすすめできません。バス・電車・タクシーなどの公共交通機関がおすすめです。

【伏見稲荷大社 拝観時間・時間(要確認)】
24時間 
年中無休

【伏見稲荷大社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【伏見稲荷大社 歴史・簡単概要】
伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)は社伝によると711年(和銅4年)2月初午の日に伊侶巨秦公(いろこのはたのきみ)が勅命を受け、伊奈利山(稲荷山)の三つの峯の平らな場所に稲荷大神を祀ったことが起源と言われています。その後827年(天長4年)に弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇から東寺(教王護国寺)を賜った際に東寺の鎮守社になりました。1072年(延久4年)に第71代・後三条天皇が初めて行幸し、鎌倉時代には鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が武運を祈念しました。なお伏見稲荷大社は宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ・佐田彦大神(さたひこのおおかみ)・大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)・田中大神(たなかのおおかみ)・四大神(しのおおかみ)を祀り、商売繁昌・産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達の守護神とされています。
伏見稲荷大社は全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮です。
伏見稲荷大社歴史年表
*参考・・・伏見稲荷大社(アクセス・歴史・・・)ホームページ伏見稲荷大社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【伏見稲荷大社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
伏見稲荷大社の見どころは約1万基の鳥居がある稲荷山です。特に鳥居が狭い間隔で多数並んで建てられている千本鳥居は見どころです。千本鳥居の数は千本よりも少ない、約900基弱(約860基)とも言われています。なお膝松さんも見どころです。膝松さんの根本をくぐれば、足腰の病が治るご利益があると言われています。また松は「根上り(ねあがり)の松」と言われ、給料や株の値上がりにご利益があるとも言われています。
伏見稲荷大社見どころ(見所)
伏見稲荷大社七不思議
千本鳥居(画像)・伏見稲荷大社見どころ
きつね(画像)・伏見稲荷大社見どころ
稲荷祭(いなりさい)

重要文化財・・・本殿、権殿、外拝殿、楼門、南廻廊、北廻廊、奥宮、白狐社、御茶屋
●本殿は応仁の乱の兵火によって焼失したが、1494年(明応3年)に再建されました。本殿は宇迦之御魂大神・配神として大宮能売大神・佐田彦大神・田中大神・四大神を祀っています。

【伏見稲荷大社 行事】
伏見稲荷大社では2月の最初の午の日に初午大祭(はつうまたいさい)、4月から5月に稲荷祭、7月の土用入りした後の最初の日曜日または祝日に本宮祭(もとみやさい)が行われます。
●初午大祭は祭神・稲荷大神が最初に稲荷山に鎮座した2月初午の日に由来しています。
初午大祭・伏見稲荷大社
●稲荷祭では神幸祭から還幸祭まで氏子地域にある御旅所(おたびしょ)に5基の神輿が置かれます。
稲荷祭・伏見稲荷大社
●本宮祭では祭神・稲荷大神の分霊を祀る信者が伏見稲荷大社に参拝し、神恩に感謝します。
本宮祭・伏見稲荷大社

【伏見稲荷大社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-641-7331

【伏見稲荷大社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
京都初詣ランキング

【伏見稲荷大社 おすすめ散策ルート】
伏見稲荷大社からのおすすめ散策ルートはJR奈良線沿いに東福寺を経由し、泉涌寺に向かうルートです。1時間ほど散策すれば、泉涌寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお東福寺近くには芬陀院・勝林寺・霊源院・退耕庵・龍眠庵などの25の塔頭(たっちゅう)があり、それらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 源光庵
    源光庵アクセスでは京都駅前(A3乗り場)から鷹峯源光庵前まで行く市バス6系統(所要時間約42分)がお…
  2. 永観堂
    永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換…
  3. 東福寺
    東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東福寺駅は京…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る