岩船寺

岩船寺

岩船寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)岩船寺は1937年(昭和12年)頃から境内に紫陽花(あじさい)が植えられるようになり、現在は35品種・5千株も植えられ、あじさい寺とも言われています。なお紫陽花は6月上旬から7月上旬に見ごろを迎えるそうです。

【岩船寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
最寄り駅・バス停・・・岩船寺(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR加茂駅から岩船寺はコミュニティバス当尾線

【岩船寺 拝観時間・時間(要確認)】
8:30~17:00(3/1~11/30) 
9:00~16:00(12/1~2/末日) 

【岩船寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人400円、中高生300円、小学生200円

団体(30名以上)
中高生200円、小学生100円

スポンサーリンク


【岩船寺 歴史・簡単概要】
岩船寺(がんせんじ)・あじさい寺は僧・行基(ぎょうき・ぎょうぎ)が第45代・聖武天皇の発願により、阿弥陀堂を鳴川に建立したが起源と言われています。その後真言宗の開祖である弘法大師・空海が鳴川に善根寺(鳴河寺)を創建し、空海の甥である智泉(ちせん)が善根寺の東禅院灌頂堂に報恩院を建立したと言われています。1279年(弘安2年)に報恩院は現在の場所に移され、1285年(弘安8年)には落慶供養が行われ、岩船寺になったと言われています。
岩船寺は真言律宗の寺院です。
*参考・・・岩船寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ岩船寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【岩船寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
岩船寺の見どころは紫陽花(あじさい)です。紫陽花は6月上旬から7月上旬に見ごろを迎えるそうです。(要確認)

重要文化財・・・三重塔、十三重石塔、五輪塔、石室(不動明王立像)、木造阿弥陀如来坐像

【岩船寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・ 0774-76-3390

【岩船寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【岩船寺 おすすめ散策ルート】
岩船寺からのおすすめ散策ルートは浄瑠璃寺に向かうルートです。20分ほど散策すれば、浄瑠璃寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむすることができます。なお岩船寺は市街地からかなり離れ、周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る