祇王寺

祇王寺

祇王寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)祇王寺は平安時代の平家の栄華と没落を描いた「平家物語(鎌倉時代成立)」にも登場し、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより、都を追われて母と妹(祇女)とともに出家・入寺した尼寺として知られています。

【祇王寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂32
最寄り駅・バス停・・・嵯峨釈迦堂前(徒歩約15分)、嵯峨小学校前(徒歩約17分)、嵯峨嵐山駅(徒歩約20分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から祇王寺は28系統(D3乗り場)
*四条烏丸からは91系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約20分)
*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約20分)

【祇王寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00 受付16:30終了

【祇王寺 拝観料金・料金(要確認)】
大人300円、小人(小学生のみ)100円
なお大覚寺(500円)・祇王寺(300円)の2カ寺共通拝観券は600円になります。

スポンサーリンク


【祇王寺 歴史・簡単概要】
祇王寺(ぎおうじ)は平安時代に平清盛の寵愛を受けた白拍子(しらびょうし)の祇王(ぎおう・妓王)と仏御前(ほとけごぜん)が出家の為に入寺したとも言われています。祇王寺は浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)の門弟・良鎮(りょうちん)が創建した往生院があった場所と言われています。その後荒廃し、1868年(明治元年)には一時廃寺になり、旧地頭・大覚寺(だいかくじ)が残された墓や仏像を管理し、真言宗に改められました。なお大覚寺47世門跡・楠玉諦師(くすのきぎょくたい )が再建計画を立て、日本最後の文人と謳われる文人画家・富岡鉄斎(とみおかてっさい)らの尽力により、1895年(明治28年)に元京都府知事・北垣国道(きたがきくにみち)が別荘一棟を寄付し、寺院に改められて再興されました。なお祇王寺は本尊・大日如来、そして鎌倉時代の作とも言われる清盛・祇王・祇女などの木像を安置しています。
祇王寺は真言宗大覚寺派の尼寺です。
*参考・・・祇王寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ祇王寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【祇王寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
祇王寺の見どころは苔の庭や「虹の窓」と言われている草庵の控えの間にある大きな吉野窓です。また祇王寺は紅葉の名所の為、秋に訪れてもいいかもしれません。
祇王寺紅葉見ごろ
京都紅葉名所・見ごろ2018

【祇王寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-861-3574

【祇王寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
大覚寺(アクセス・見どころ・・・)情報
大覚寺見どころ

【祇王寺 おすすめ散策ルート】
祇王寺からのおすすめ散策ルートは二尊院・常寂光寺・野宮神社を経由し、世界遺産である天龍寺・嵐山・渡月橋に向かうルートです。ルートの周辺には落柿舎・竹林の道(竹林の小径)などもあり、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお祇王寺と少し離れた大覚寺では2カ寺共通拝観券を出している為、大覚寺まで散策するのもいいかもしれません。大覚寺は時代劇の撮影に使われ、見覚えの方も多いはずです。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 夏越大祓式

    2018年6月のイベント

    京都市内などで2018年6月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 祇園祭

    祇園祭2018人気イベント

    祇園祭2018人気イベントを紹介しています。祇園祭2018は7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る