護浄院

護浄院

護浄院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)護浄院の本尊「三宝清荒神尊」は火の守護神とされ、「火の用心」・「災難除け」にご利益があると言われています。なお「三宝清荒神尊」は三寶(宝)「仏・法・僧」を守護するところからと名付けられたそうです。

【護浄院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区荒神口通寺町東入ル荒神町122
最寄り駅・バス停・・・荒神口(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から護浄院は4系統(A2乗り場)、17系統(A2乗り場)、205系統 (A2乗り場)
*四条河原町からは17系統、37系統、205系統
*四条烏丸からは3系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は丸太町駅(徒歩約5分)

【護浄院 拝観時間・時間(要確認)】
8:00~16:00
年中無休

【護浄院 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【護浄院 歴史・簡単概要】
護浄院(ごじょういん)・清荒神(きよしこうじん)は寺伝によると771年(宝亀2年)光仁天皇の子・開成皇子(かいじょう)が自ら荒神を模刻し、三宝荒神尊として、摂津勝尾山に堂宇を創建したの起源と言われています。その後室町時代に後小松天皇の勅により、摂津から醒ヶ井高辻に移されました。ただ1600年(慶長5年)後陽成天皇により、皇居守護の為に現在の場所に移され、護浄院の院号を賜りました。1788年(天明8年)の天明の大火によって焼失したが、寛永年間以後に再建されたと言われています。なお開成皇子は765年(天平神護元年)に宮中を出て、善仲・善算に出会った後に出家しました。
護浄院は天台宗の寺院です。
*参考・・・護浄院護浄院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【護浄院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
護浄院の見どころは尊天堂に安置され、京都七福神のひとつである福徳恵美須神です。なお福徳恵美須神は以前禁裏に奉安されていたそうです。

【護浄院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-231-3683

【護浄院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【護浄院 おすすめ散策ルート】
護浄院からのおすすめ散策ルートは丸太町通を西に向かい、鴨川を渡って、平安神宮に向かうルートです。20分ほど散策すれば、平安神宮に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。平安神宮周辺には国立近代美術館・市立美術館・市立動物園があり、それらを散策するのもいいかもしれません。なお平安神宮に向かう前に鴨川周辺を散策するのもおすすめです。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 将軍塚大日堂
    ライトアップ2017(夜間特別拝観)は京都の秋の風物詩です。ライトアップは毎年紅葉が見ごろを迎える時…
  2. 高台寺紅葉ライトアップ
    ライトアップ2017(夜間特別拝観)は京都の秋の風物詩です。ライトアップは毎年紅葉が見ごろを迎える時…
  3. 晴明神社
    京都パワースポット情報を紹介しています。京都にはたくさんの観光スポットがあるが、その中にはご利益やパ…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る