宝菩提院

宝菩提院

宝菩提院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)宝菩提院は塔頭・観智院(かんちいん)と櫛箪笥小路を挟み左右対称の位置にありました。ちなみに観智院は宝菩提院よりも遅い1359年(延文4年)頃に東寺の学僧・杲宝(ごうほう・こうほう)が東寺の子院として創建しました。

【宝菩提院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市南区八条通大宮西入下る柳原町404
最寄り駅・バス停・・・東寺東門前(徒歩)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から宝菩提院は42系統(C4乗り場)
*京都駅八条口(南口)アバンティ前からは71系統
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JRの場合、最寄り駅は京都駅(徒歩約15分)
*近鉄京都線の場合、最寄り駅は東寺駅(徒歩約6分)

【宝菩提院 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【宝菩提院 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

スポンサーリンク


【宝菩提院 歴史・簡単概要】
宝菩提院(ほうぼだいいん)は1279年(弘安2年)東寺・二長者亮禅を開祖として創建されたと言われています。1881年(明治14年)洛南高校の開学に伴って現在の場所に移りました。なお東寺(教王護国寺)は796年(延暦15年)に第50代・桓武天皇の発願により、西寺とともに国家鎮護の官寺として、都の入口である羅城門の東に創建されました。
宝菩提院は東寺真言宗総本山・東寺の塔頭です。
*参考・・・宝菩提院(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【宝菩提院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
国宝・・・絹本着色愛染明王画像、宝楼閣曼荼羅一幅(伝巨勢金岡筆)

【宝菩提院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-691-7269

【宝菩提院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
*市バス・東寺南門前には京都駅前・八条口・八条口アバンティ前からは19系統・78系統
*市バス・東寺西門前には京都駅前・八条口・八条口アバンティ前からは16系統
弘法市・東寺(アクセス・見どころ・・・)情報
東寺見どころ

【宝菩提院 おすすめ散策ルート】
宝菩提院からのおすすめ散策ルートは東寺(教王護国寺)・西本願寺を経由し、東本願寺に向かうルートです。40分ほど散策すれば、いずれも世界遺産である東寺・西本願寺だけでなく、東本願寺も回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお東本願寺の東側には東本願寺の飛地である庭園・渉成園(枳殻邸)があり、そちらも一緒に散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 嵐山花灯路
    渡月橋ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯…
  3. 竹林の道
    竹林の道ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山…
  4. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2018は京都の初冬(晩秋)の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯…
  5. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚・報恩講2018は京都の初冬の風物詩です。大根焚・報恩講は毎年12月9日・10日に行われていま…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る