宝幢寺

宝幢寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(最終確認2014年末)宝幢寺を開創したと言われている旭移(きょくい)は境内東にある夢想の滝の滝音を「観音経を誦する声」として草庵を結んだと言われています。なお夢想の滝の上にはかつて観音像が祀られていたそうです。

【宝幢寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市左京区上高野釜土町17
最寄り駅・バス停・・・上橋(徒歩約12分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは17系統(C3乗り場)、18系統(C3乗り場)
*四条河原町からは16系統、17系統
京都バス・アクセスダイヤ

*叡山電鉄の場合、最寄り駅は三宅八幡駅(徒歩約15分)

【宝幢寺 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【宝幢寺 拝観料金・料金(要確認)】
不明

スポンサーリンク


【宝幢寺 歴史・簡単概要】
宝幢寺(ほうどうじ・ほうとうじ)は寛永年間に旭移(きょくい)が開創したと言われています。1697年(元禄10年)崇道神社(すどうじんじゃ)で発見された「金銅小野毛人墓誌(国宝)」の複製が移されました。また2011年(平成23年)には廃寺になった称名寺の「称名寺逆修板碑」も移されました。なお1988年(昭和63年)称名寺に伝えられていた念仏踊りが復活し、1991年(平成3年)には京都市無形民俗文化財に登録されました。
宝幢寺は浄土宗西山禅林寺派の寺院です。

【宝幢寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
宝幢寺の見どころは京都市無形民俗文化財に登録された念仏踊りです。浴衣に三巾前垂れの女性が南無阿弥陀仏と唱えながら鉦(かね)や太鼓の囃子で踊ります。なお念仏踊りは廃寺になった称名寺で949年(天暦3年)から始まったと言われています。また紅葉も見どころです。

【宝幢寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-781-4001

【宝幢寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【宝幢寺 おすすめ散策ルート】
宝幢寺からのおすすめ散策ルートは南にある赤山禅院を経由し、修学院離宮に向かうルートです。20分ほど散策すれば、比叡山周辺の自然を感じながら修学院離宮に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむすることができます。ただ修学院離宮の拝観には事前の申込みが必要です。なお宝幢寺の北には蓮華寺・崇道神社があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る