宝慈院

宝慈院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)宝慈院ゆかりの無外如大は安達泰盛の娘で、北条顕時の妻だったが、霜月騒動で安達一族が滅亡し、夫が配流になった為に得度しました。なお無外如大は京都尼五山の筆頭・景愛寺(けいあいじ)の開山とされ、臨済宗最初の正規尼僧と言われています。

【宝慈院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区衣棚通寺之内上る下木下町171
最寄り駅・バス停・・・鞍馬口駅(徒歩約8分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

【宝慈院 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【宝慈院 拝観料金・料金(要確認)】
不明

スポンサーリンク


【宝慈院 歴史・簡単概要】
宝慈院(ほうじいん)・千代野御所は寺伝によると鎌倉時代に臨済宗の尼僧・無外如大(むげにょだい)が洛北松木嶋に資寿院を営み、樹下山資樹院(じゅげざんしじゅいん)と称したのが起源と言われています。(諸説あり)その後宝暦年間には皇女・王女・公卿の娘などが出家して住持する比丘尼御所(びくにごしょ)に列せられ、1764年(明和元年)には摂政の命によって千代野御所の称が贈られ、紫衣も許されたと言われています。なお1788年(天明8年)の天明の大火で焼失し、その後現在の本堂など再建されました。
宝慈院は臨済宗系単立の寺院です。

【宝慈院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
宝慈院の見どころは重要文化財である阿弥陀如来坐像です。阿弥陀如来坐像は無外如大が開山した景愛寺から移されたと言われています。

重要文化財・・・阿弥陀如来坐像、無外如大坐像

【宝慈院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-441-4636

【宝慈院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【宝慈院 おすすめ散策ルート】
宝慈院からのおすすめ散策ルートは東にある加茂川(鴨川)渡って、下鴨神社(賀茂御祖神社)に向かうルートです。30分ほど散策すれば、世界遺産である下鴨神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお宝慈院の南東には京都御苑(京都御所・仙洞御所)があり、それらを散策してもいいかもしれません。ただ京都御所・仙洞御所の拝観には事前の申込みが必要です。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 晴明祭

    2017年9月のイベント

    京都市内などで2017年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る