宝鏡寺

宝鏡寺

宝鏡寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)宝鏡寺は尼門跡寺院だったこともあり、皇室から贈られた人形や一般から供養の為に納められる人形を春・秋の人形展で一般公開しています。なお境内には人形の供養と京人形の振興を目的とした人形塚が建てられています。

【宝鏡寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区寺之内通堀川東入百々町547
最寄り駅・バス停・・・堀川寺ノ内(徒歩約1分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から宝鏡寺は9系統(B1乗り場)
*四条河原町からは12系統
*四条烏丸からは12系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は鞍馬口駅(徒歩約10分)

【宝鏡寺 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開
春・秋の人形展・・・10:00~16:00 受付15:30終了
3/1~4/3(3/1のみ12時から)、11/1~11/30(要確認)

【宝鏡寺 拝観料金・料金(要確認)】
大人600円、小人300円
団体割引あり

スポンサーリンク


【宝鏡寺 歴史・簡単概要】
宝鏡寺(ほうきょうじ)・人形寺は応安年間(1368年~1374年)に北朝初代・光厳天皇の皇女で、景愛寺(けいあいじ)第6世・華林宮惠厳(かりんのみやえごん)が伊勢二見浦で網に掛かった聖観世音菩薩を景愛寺(けいあいじ)の支院・建福尼寺に安置し、北朝第4代・後光厳天皇から宝鏡寺の名称を賜ったのが起源と言われています。宝鏡寺の名称は聖観世音菩薩の膝の上に小さな円鏡(宝鏡)を持っていることに由来します。ちなみに景愛寺は弘安年間(1278年~1287年)に無外如大禅尼(むがいにょだいぜんに)が開山し、南北朝時代以降は禅宗尼寺五山の第1位に列せられていたが、応仁の乱の兵火や足利氏の衰退によって消失し、宝鏡寺が景愛寺の法灯は受け継いでいます。 その後1644年(寛永21年)に第108代・後水尾天皇の皇女で、宝鏡寺第20世・仙寺院宮久厳理昌禅尼(せんじゅいんのみやくごんりしょうぜんに)の入寺以来、 紫衣を勅許されて尼門跡寺院になりました。1788年(天明8年)の天明の大火によって焼失したが、その後再建されました。
宝鏡寺は臨済宗系の単立寺院です。
*参考・・・宝鏡寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ宝鏡寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【宝鏡寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
宝鏡寺の見どころは春・秋の人形展です。また御所から移築されたと言われている阿弥陀堂も見どころです。なお宝鏡寺は紅葉の名所で見どころです。
宝鏡寺紅葉見ごろ
京都紅葉名所・見ごろ2018

【宝鏡寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-451-3527

【宝鏡寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【宝鏡寺 おすすめ散策ルート】
宝鏡寺からのおすすめ散策ルートは妙顕寺・相国寺を経由し、京都御苑に向かうルートです。15分ほど散策すれば、京都御苑に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお宝鏡寺周辺には妙顕寺だけでなく、妙蓮寺・報恩寺・妙覚寺、そして茶道資料館・裏千家今日庵・表千家不審庵もあり、それらを散策してから京都御苑に向かってもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る