報恩寺

報恩寺

報恩寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。報恩寺の掛け軸「鳴虎図(なきとらず)」は豊臣秀吉が気に入り、聚楽第に持ち帰ったが、夜になると鳴動し、吠えて眠れずに翌朝に返したと言われています。なお報恩寺の客殿では軍師・黒田官兵衛の子・黒田長政が亡くなっています。

【報恩寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市上京区小川通寺之内下ル射場町579
最寄り駅・バス停・・・堀川上立売(徒歩約2分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から報恩寺は9系統(B1乗り場)
*四条河原町からは12系統
*四条烏丸からは12系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は今出川駅(徒歩約10分)

【報恩寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:00

【報恩寺 拝観料金・料金(要確認)】
500円

スポンサーリンク


【報恩寺 歴史・簡単概要】
報恩寺(ほうおんじ)・鳴虎は866年(貞観6年)第3代天台座主の慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が創建した葉室山浄住寺が起源と言われています。室町時代中期までは八宗兼学の寺院として、一条高倉付近にあり、一条之報恩寺と言われていました。その後応仁の乱の兵火によって焼失したが、1501年(文亀元年)慶誉(きょうよ)が後柏原天皇の勅旨によって再興し、翌1502年(文亀2年)には後柏原天皇から勅額「報恩寺」を賜りました。なお関白・豊臣秀吉の命により、現在の場所に移ります。
報恩寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・報恩寺

【報恩寺 見どころ・文化財】
報恩寺の見どころは枯山水の庭園です。また後柏原天皇から賜った勅額も見どころです。

【報恩寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-414-1550

【報恩寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【報恩寺 おすすめ散策ルート】
報恩寺からのおすすめ散策ルートは東に向かい、相国寺を経由し、京都御苑に向かうルートです。15分ほど散策すれば、京都御苑に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお報恩寺周辺には妙蓮寺・本法寺・宝鏡寺・妙顕寺、そして茶道資料館・裏千家今日庵・表千家不審庵もあり、それらを散策してから京都御苑に向かってもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 祇園祭

    2017年7月のイベント

    京都市内などで2017年7月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 祇園祭

    祇園祭2017日程

    祇園祭2017日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る