芳春院

芳春院

芳春院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)芳春院の客殿背後には小堀遠州と横井等怡の合作とも言われている楼閣山水庭園「飽雲池」があり、「飽雲池」の中の二重楼閣建築「呑湖閣(どんこかく)」は金閣・銀閣・飛雲閣と並んで京の四閣と言われています。

【芳春院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市北区紫野大徳寺町55
最寄り駅・バス停・・・大徳寺前(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から芳春院は101系統(B2乗り場)、205系統(B3乗り場)、206系統(A3乗り場)
*四条河原町からは12系統、205系統
*四条烏丸からは12系統
*河原町丸太町からは204系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【芳春院 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【芳春院 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

スポンサーリンク


【芳春院 歴史・簡単概要】
芳春院(ほうしゅんいん)は1608年(慶長13年)前田利家(まえだとしいえ)の夫人・松子が子の利長(としなが)と利常(としつね)とともに大徳寺147世・玉室宗珀(ぎょくしつそうはく)を開山として建立し、前田家の菩提寺にしました。芳春院の名称は松子の法号「芳春院殿花巖宗富大禅宗定尼」に由来しています。その後1796年(寛政8年)火災によって焼失するが、1798年(寛政10年)前田治脩(まえだはるなが)が昭堂・書院を再建しました。なお明治維新後の廃仏毀釈によって荒廃したが、1875年(明治8年)に復興しました。
芳春院は臨済宗大徳寺派大本山・大徳寺の塔頭です。
*参考・・・芳春院芳春院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【芳春院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
芳春院の見どころは京の四閣と言われている「呑湖閣(どんこかく)」です。

重要文化財・・・絹本著色多賀高忠像、大燈国師墨跡(二行書)

【芳春院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-492-6010

【芳春院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
大徳寺(アクセス・見どころ・・・)情報
大徳寺見どころ

【芳春院 おすすめ散策ルート】
芳春院からのおすすめ散策ルートは大徳寺を経由し、西にある金閣寺(鹿苑寺)に向かうルートです。30分ほど散策すれば、世界遺産である金閣寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお芳春院周辺には大徳寺だけでなく、瑞峯院・大仙院・三玄院・黄梅院・興臨院・龍光院などもあり、それらを散策してから金閣寺に向かうのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 嵐山花灯路
    渡月橋ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯…
  3. 竹林の道
    竹林の道ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山…
  4. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2018は京都の初冬(晩秋)の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯…
  5. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚・報恩講2018は京都の初冬の風物詩です。大根焚・報恩講は毎年12月9日・10日に行われていま…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る