宝蔵寺

宝蔵寺

宝蔵寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。宝蔵寺は江戸時代の絵師・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)ゆかりの寺と言われています。伊藤若冲は1751年(宝暦元年)に両親の墓を建立しました。なお伊藤若冲は長沢芦雪らとともに「奇想派」・「奇想の絵師」と言われました。

【宝蔵寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市中京区裏寺町通蛸薬師上る裏寺町587
最寄り駅・バス停・・・四条河原町(徒歩約7分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(備考参考)
*京都駅からは4系統(A2乗り場)、5系統(A1乗り場)、17系統(A2乗り場)、205系統(A2乗り場)
*四条烏丸からは3系統、203系統、207系統
*河原町丸太町からは4系統、10系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約10分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約7分)

スポンサードリンク


【宝蔵寺 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開
*伊藤若冲親族のお墓は自由にお参りすることができます。

【宝蔵寺 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

【宝蔵寺 歴史・簡単概要】
宝蔵寺(ほうぞうじ)は平安時代に真言宗の宗祖である弘法大師・空海が創建したとも言われています。その後1269年(文永6年)如論が元西壬生郷に開基して浄土宗に改めました。1581年(天正9年)玉阿が再興したが、1591年(天正19年)関白・豊臣秀吉の命により、現在の場所に移りました。ただ1864年(元治元年)の禁門の変(元治の大火)によって焼失し、その後1932年(昭和7年)に現在の本堂が建立されました。なお2013年(平成25年)に水墨画「竹に雄鶏図」が絵師・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)作と確認されました。
宝蔵寺は浄土宗西山深草派の寺院です。
*参考・・・宝蔵寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【宝蔵寺 見どころ・文化財】
宝蔵寺の見どころは本尊・阿弥陀如来像です。阿弥陀如来像には1700年(元禄13年)と刻まれています。

【宝蔵寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-221-2076

【宝蔵寺 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】
*京都バスの場合、京都駅からは17系統(C3乗り場)、最寄りのバス停は四条河原町(徒歩約7分)
京都バス・アクセスダイヤ
伊藤若冲ゆかりの寺院(信行寺・宝蔵寺・石峰寺)

【宝蔵寺 おすすめ散策ルート】
宝蔵寺からのおすすめ散策ルートは南にある四条通を東に向かって、八坂神社に向かうルートです。20分ほど散策すれば、祇園のシンボルである八坂神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおルート周辺には祇園(祇園甲部・祇園東)・辰巳大明神(祇園のお稲荷さん)・建仁寺などがあり、それらを散策してから八坂神社に向かうのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 東福寺紅葉

    京都紅葉見頃2016

    京都紅葉見頃情報を紹介しています。紅葉の見頃(見ごろ)は例年11月上旬頃から12月上旬頃までです。た…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る