市比売神社

市比売神社

市比売神社(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(最終確認2014年末)市比売神社の境内「天之真名井の水」は歴代天皇の産湯に使われていました。また市比売神社は歴代皇后に篤く崇敬され、女人守護の神社として、女性の厄除けにご利益があると言われています。なお市比売神社は京都中央市場の守護神です。

【市比売神社 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入ル
最寄り駅・バス停・・・河原町五条(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から市比売神社は4系統(A2乗り場)、17系統(A2乗り場)、205系統(A2乗り場)
*四条河原町からは4系統、17系統、205系統
*河原町丸太町からは17系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約5分)
*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は五条駅(徒歩約10分)

【市比売神社 拝観時間・時間(要確認)】
7:00~18:00
年中無休

【市比売神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【市比売神社 歴史・簡単概要】
市比売神社(いちひめじんじゃ)・市比賣神社は795年(延暦14年)公卿・藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)が桓武天皇の命により、官営市場の東市・西市の守護神として造営しました。その後1591年(天正19年)関白・豊臣秀吉の命により、現在の場所に移りました。1927年(昭和2年)に日本初の中央卸売市場が京都に開設された際、市場の守護神として市場内に分社・市姫神社(いちひめじんじゃ)が祀られました。なお市比売神社の祭神は多紀理毘賣命(たぎりひめのみこと)・市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)・多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)・下光比賣命(したてるひめのみこと)・神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)の全て女神であることから女性の守護神とされ、女性の願い事や厄除けのご利益があるとも言われています。
*参考・・・市比売神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【市比売神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
市比売神社の見どころは歴代天皇が産湯に使った「天之真名井の水」です。

【市比売神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-361-2775

【市比売神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【市比売神社 おすすめ散策ルート】
市比売神社からのおすすめ散策ルートは文子天満宮・渉成園・東本願寺を経由し、西本願寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、世界遺産である西本願寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお市比売神社の東側には高瀬川・鴨川が流れている為、高瀬川・鴨川沿いに四条河原町辺りまで散策するのもいいかもしれません。特に鴨川沿いを散策するのがおすすめです。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る