岩屋神社

岩屋神社(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。岩屋神社の奥之院(岩屋殿)とされる本社の後背山の山腹には陰陽1対の両巨岩(磐座)があり、岩屋神社の根源とされています。なお陰陽の両巨岩の内、陰岩に溜った水は霊水とされています。

【岩屋神社 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市山科区大宅中小路町67
最寄り駅・バス停・・・椥辻駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*山科駅からは地下鉄東西線
地下鉄・アクセスダイヤ

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は椥辻駅(徒歩約20分)

【岩屋神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由
年中無休

【岩屋神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【岩屋神社 歴史・簡単概要】
岩屋神社(いわやじんじゃ)・岩屋明神は起源が明確ではありません。岩屋神社は社伝によると343年(仁徳天皇31年)に造営されたとも言われています。その後寛平年間に陽岩に天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)、陰岩に栲幡千々姫命(たくはたちぢひめのみこと)、岩前小社に饒速日命(にぎはやひのみこと)を大宅氏の祖神として祀ったと言われています。治承年間に園城寺(三井寺)の僧徒が社殿を焼いたが、1262年(弘長2年)に社殿が再建されました。中世には東西上の岩屋三社とも言われ、現在東岩屋が岩屋神社、西岩屋が山科神社になっています。
*参考・・・岩屋神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ岩屋神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【岩屋神社 見どころ・文化財】
岩屋神社の見どころは陰陽1対の両巨岩がある奥之院(岩屋殿)です。

【岩屋神社 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-571-0833

【岩屋神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【岩屋神社 おすすめ散策ルート】
岩屋神社からのおすすめ散策ルートは笠原寺に向かうルートです。10分ほど散策すれば、山科の自然を感じながら岩屋神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお岩屋神社周辺には歓喜光寺などがあるが、あまり観光スポットがない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 葵祭

    2017年5月のイベント

    京都市内などで2017年5月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ前儀・後儀(…
  2. 賀茂競馬
    賀茂競馬2017は京都の春の風物詩です。賀茂競馬は毎年5月5日に行われています。賀茂競馬では12頭の…
  3. 流鏑馬神事
    流鏑馬神事2017は京都の春の風物詩です。流鏑馬神事は毎年5月3日に行われています。流鏑馬神事は5月…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る