地蔵寺

地蔵寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)地蔵寺は800年以上の歴史があると言われている六地蔵めぐりの第3番札所になっています。なお第1番札所・大善寺(伏見六地蔵)、2番札所・浄禅寺(鳥羽地蔵)、3番札所・地蔵寺(桂地蔵)、4番札所・源光寺(常盤地蔵)、5番札所・上善寺(鞍馬口地蔵)、6番札所・徳林庵(山科地蔵)です。

【地蔵寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市西京区桂春日町9
最寄り駅・バス停・・・桂消防署前(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは33系統(C5乗り場)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は桂駅(徒歩約5分)

【地蔵寺 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【地蔵寺 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

スポンサーリンク


【地蔵寺 歴史・簡単概要】
地蔵寺(じぞうじ)・桂地蔵は起源が明確ではありません。地蔵寺はかつて三十六歌仙の一人である女性歌人・伊勢(いせ)の住居があり、平安時代に桂大納言と言われた源経信(みなもとのつねのぶ)の別邸・河原堂山荘があった場所です。源経信は大納言・大宰権帥を歴任するだけでなく、漢詩・和歌に秀でたと言われています。その後薬師如来像が祀られ、別邸は寺に改められたと言われています。なお十一面観世音菩薩は京都洛西観音霊場(洛西三十三所観音霊場)の第23番札所で、第24番札所・念仏寺の十一面観世音菩薩もともに安置されています。
地蔵寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・地蔵寺地蔵寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【地蔵寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
地蔵寺の見どころは六地蔵めぐりです。六地蔵めぐりは毎年8月22日・23日に行われています。六地蔵を巡り、お札を受け取って玄関に吊るすと疫病退散・家内安全・福徳招来のご利益があるとも言われています。

【地蔵寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・-

【地蔵寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
*京阪バスの場合、京都駅からは2系統・26系統・26B系統(C2乗り場)、最寄りのバス停は桂消防署前(徒歩すぐ)
京阪バス・アクセスダイヤ

【地蔵寺 おすすめ散策ルート】
地蔵寺からのおすすめ散策ルートは鈴虫寺(華厳寺)を経由し、苔寺(西芳寺)に向かうルートです。40分ほど散策すれば、桂・松尾の自然を感じながら苔寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。ただ苔寺の拝観には事前の申込みが必要です。なお地蔵寺周辺には桂離宮があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。ただ桂離宮も苔寺と同様に拝観には事前の申込みが必要です。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 嵐山花灯路
    渡月橋ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯…
  3. 竹林の道
    竹林の道ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山…
  4. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2018は京都の初冬(晩秋)の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯…
  5. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚・報恩講2018は京都の初冬の風物詩です。大根焚・報恩講は毎年12月9日・10日に行われていま…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る