寂庵

寂庵(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。寂庵を開いた瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)は東京女子大学在学中に見合い結婚し、女の子を出産したが、夫の教え子と恋に落ちて夫と3歳の長女を残して家を出ました。なお寂聴は作家として1956年(昭和31年)に処女作「痛い靴」を発表しました。

【寂庵 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨鳥居本仏餉田町7-1
最寄り駅・バス停・・・嵯峨釈迦堂前(徒歩約15分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から寂庵は28系統(D3乗り場)
*四条烏丸からは91系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約25分)
*嵐電(京福電鉄)嵐山本線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約30分)

スポンサードリンク


【寂庵 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【寂庵 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

【寂庵 歴史・簡単概要】
寂庵(じゃくあん)・曼陀羅山寂庵は1974年(昭和49年)瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)は嵯峨野の私邸に開きました。寂庵の名称は寂聴の師僧である今東光大僧正(こんとうこうだいそうじょう)によります。なお瀬戸内寂聴は1973年(昭和48年)今東光大僧正を師僧として岩手平泉・中尊寺で得度し、1974年(昭和49年)比叡山で60日間の行を経て寂庵を開きました。
寂庵は天台宗の寺院です。
*参考・・・寂庵(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【寂庵 見どころ・文化財】

【寂庵 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-861-6770

【寂庵 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】
*寂庵では定期的に「写経の会(毎月1日)」・「法話の会(毎月第3日曜日)」 に行われ、毎月「寂庵だより」が刊行されています。ちなみに「写経の会」は予約不要、「法話の会」 は往復はがきによる事前申し込みが必要です。申し込みは開催日の2ヵ月前から前月末までに必着です。なお8月・12月は行われません。
寂庵(写経の会・法話の会)

【寂庵 おすすめ散策ルート】
寂庵からのおすすめ散策ルートは祇王寺・二尊院・常寂光寺・野宮神社・竹林の道(竹林の小径)を経由し、天龍寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、嵯峨の自然を感じながら世界遺産である天龍寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお天龍寺の近くには渡月橋・嵐山があり、それらも一緒に散策するのもいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る