海宝寺

海宝寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)海宝寺のある場所は以前仙台藩の藩祖・伊達政宗の伏見城上屋敷があった場所で、政宗手植と言われている樹齢約400年の木斛(もっこく)の木が残っています。なお海宝寺のある町名・桃山町正宗は伊達政宗に由来しています。

【海宝寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区桃山町正宗20

【海宝寺 アクセス(電車)】
最寄り駅・バス停・・・藤森駅(徒歩約20分)
アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からはJR奈良線

*京阪電鉄宇治線の場合、最寄り駅は墨染駅(徒歩約10分)、丹波橋駅(徒歩約15分)

【海宝寺 拝観時間・時間(要確認)】
11:00~15:00
毎週木曜日・12/28~1/5は拝観できません。

【海宝寺 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【海宝寺 歴史・簡単概要】
海宝寺(かいほうじ)・六地蔵尊は享保年間に萬福寺12世・杲堂元昶(こうどうげんちょう)が創建し、その後萬福寺13世・竺庵浄印(じくあんじょういん)の隠居先になったと言われています。また海宝寺は以前天台宗・開法寺だったが、竺庵浄印が改めたとも言われています。ちなみに萬福寺(まんぷくじ)は1661年(寛文元年)中国僧・隠元隆琦禅師(いんげんりゅうきぜんじ)が創建しました。なお方丈にあった襖絵・群鶏図(現在京都博物館所蔵)は伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)晩年作と言われ、若冲はその後筆を執らなかったことから襖絵があった部屋は若冲筆投げの間(通常非公開)と言われているそうです。
海宝寺は黄檗宗の寺院です。
*参考・・・海宝寺海宝寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【海宝寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
海宝寺の見どころは伊達政宗手植えと言われている木斛の木です。

【海宝寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-611-1672

【海宝寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
*市バスの場合、竹田駅東口からは南8系統、最寄りのバス停は最上町(徒歩約2分)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【海宝寺 おすすめ散策ルート】
海宝寺からのおすすめ散策ルートは東側にある伏見桃山城に向かうルートです。20分ほど散策すれば、伏見桃山城まで行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。海宝寺の南側には御香宮神社があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。なお海宝寺周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 東寺夜桜ライトアップ

    2018年4月のイベント

    京都市内などで2018年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 葵祭

    葵祭2018人気イベント

    葵祭2018人気イベントを紹介しています。葵祭2018人気イベント5月15日の路頭の儀(行列)です。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 賀茂競馬
    賀茂競馬2018は京都の春の風物詩です。賀茂競馬は毎年5月5日に行われています。賀茂競馬では12頭の…
  2. 流鏑馬神事
    流鏑馬神事2018は京都の春の風物詩です。流鏑馬神事は毎年5月3日に行われています。流鏑馬神事は5月…
  3. 松尾祭神幸祭
    松尾祭2018は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭(おいで)が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭(…
  4. 稲荷祭氏子祭
    稲荷祭2018は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭が毎年5月3…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る