金閣寺

金閣寺

金閣寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(最終確認2014年末)京都駅からの金閣寺アクセスではバス・タクシーがおすすめです。金閣寺に最も近い駅は嵐電(京福電鉄)北野線・北野白梅町駅だが、金閣寺までは少し距離があり、また京都駅はから直結していません。その為お急ぎの場合にはタクシー、時間に余裕がある場合にはバスがおすすめです。ちなみに地下鉄烏丸線・北大路駅やJR山陰本線・円町駅は北野白梅町駅よりも更に遠くなります。(下記参照)

【金閣寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市北区金閣寺町1

金閣寺アクセス(バス・地下鉄・私鉄・・・)

【金閣寺 アクセス(市バス)】
最寄りバス停・・・金閣寺前(徒歩すぐ)・金閣寺道(徒歩約3分)
アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から金閣寺は101系統(B2乗り場)道、205系統(B3乗り場)道
*四条河原町からは12系統前・道、59系統前道、205系統道
*四条烏丸からは12系統前、101系統道
*河原町丸太町からは59系統前道、204系統道、205系統道
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【金閣寺 アクセス(電車)】
*嵐電(京福電鉄)北野線の場合、最寄り駅は北野白梅町駅(徒歩約20分)

【金閣寺 アクセス(タクシー)】
*京都駅からの場合、渋滞などがなければ30分ほどで到着します。ちなみに距離は約9キロです。
*地下鉄烏丸線・北大路駅または鞍馬口駅からの場合、渋滞などがなければ7分ほどで到着します。

【金閣寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00
年中無休

【金閣寺 拝観料金・料金(要確認)】
大人(高校生以上)400円、小・中学生300円

スポンサーリンク


【金閣寺 歴史・簡単概要】
金閣寺(きんかくじ)・鹿苑寺(ろくおんじ)は1224年(元仁元年)公卿・西園寺公経(さいおんじきんつね)が山荘・北山殿(きたやまてい)を造営し、氏寺・西園寺を創建したと言われている場所です。1397年(応永4年)室町幕府3代将軍・足利義満が河内の領地との交換によって山荘・北山殿を譲り受けて改築・新築し、北山第(北山殿)と名付けました。1394年(応永元年)義満は将軍職を長男・義持に譲ったが、その後も北山第で政務を行いました。しかし義満没後の1409年(応永16年)4代将軍・足利義持が北山第の一部を破却し、1419年(応永26年)義満の妻・北山院(日野康子)が亡くなると舎利殿(金閣)以外の寝殿などは解体され、南禅寺・建仁寺に移されたと言われています。1420年(応永27年)舎利殿は義満を開基、夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)を開山として、北山鹿苑寺に改められました。鹿苑寺の名称は義満の法号「鹿苑院殿」に由来しています。なお金閣寺は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
金閣寺は臨済宗相国寺派大本山・相国寺の境外塔頭です。
金閣寺歴史年表
*参考・・・金閣寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ金閣寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【金閣寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
金閣寺の見どころは銀閣(慈照寺)・西本願寺の飛雲閣と合わせ、京の三閣と言われている金閣です。なお金閣寺は紅葉の名所の為、秋に訪れてもいいかもしれません。
金閣寺見どころ(見所)
金閣(画像)・金閣寺見どころ
不動堂(画像)・金閣寺見どころ
京都紅葉名所・見頃

重要文化財・・・絹本著色足利義満像、絹本著色達磨図、大書院障壁画、木造不動明王立像(不動堂安置、子元祖元高峰顕日問答語、慈聖院并寿寧院遺誡
●金閣は1950年(昭和25年)の放火によって焼失し、1955年(昭和30年)に再建されました。金閣は再建時に10センチ角の金箔が10万枚(2キロ)使用され、その後の修復では20万枚(20キロ)使用されました。

【金閣寺 行事】
金閣寺では毎年節分の日と五山送り火の日に不動堂開扉法要、毎年11月28日に不動堂大護摩供奉修が行われます。
●不動堂開扉法要では真言宗の開祖である弘法大師・空海作とも言われている秘仏・石不動明王がご開帳されます。
不動堂開扉法要・金閣寺
●大護摩供奉修では不動堂前の護摩壇で山伏が願いが込められた護摩木(火焚串)を焚き上げて祈願成就を願います。
不動堂大護摩供奉修・金閣寺

【金閣寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-461-0013

【金閣寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
相国寺(アクセス・見どころ・・・)情報
相国寺見どころ

【金閣寺 おすすめ散策ルート】
金閣寺からのおすすめ散策ルートは「きぬかけの道」沿いにあり、金閣寺と同じく、いすれも世界遺産である龍安寺・仁和寺に向かうルートです。1時間ほど「きぬかけの道」を散策すれば、世界遺産3か所を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお龍安寺・仁和寺とは逆方向になるが、一休さんと縁が深い大徳寺まで散策してもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る