苔寺

苔寺

苔寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)苔寺の境内は約120種の苔が覆い、緑の絨毯を敷きつめたように見える為、苔寺と言われるようになりました。(拝観には事前の申込みが必要)なお苔寺の正式名称は「西芳寺」と言いますが、一般的に「苔寺」と呼ばれることが多い。

【苔寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市西京区松尾神ヶ谷町56
最寄り駅・バス停・・・苔寺・すず虫寺(徒歩すぐ)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から苔寺は73系統(D1乗り場)
*四条河原町からは63系統
*四条烏丸からは73系統
京都バス・アクセスダイヤ

*阪急嵐山線の場合、最寄り駅は松尾大社駅(徒歩約20分)

【苔寺 拝観時間・時間(要確認)】
8:30~17:00
拝観には事前の申込みが必要です。なお詳しくは下記備考で確認して下さい。

【苔寺 拝観料金・料金(要確認)】
3000円(冥加料)

スポンサーリンク


【苔寺 歴史・簡単概要】
苔寺(こけでら)・西芳寺(さいほうじ)は聖徳太子の別荘に聖徳太子作の阿弥陀如来像を安置したのが起源とも、奈良時代に僧・行基(ぎょうき・ぎょうぎ)が聖武天皇の勅願より、別荘を寺院に改めて行基作の弥陀三尊を安置して、西方寺(にしかたでら)と称したのが起源とも言われています。806年(大同元年)平城天皇の第3皇子・真如法親王(しんにょほうしんのう)が草庵を結んで修行したと言われています。また真言宗の開祖である弘法大師・空海が入山し、黄金池で放生会(ほうじょうえ)を行ったとも言われています。1339年(暦応2年)夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)が再興しました。なお苔寺は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
苔寺は臨済宗天龍寺派・天龍寺の境外塔頭です。
苔寺歴史年表
*参考・・・苔寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ苔寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【苔寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
苔寺の見どころは約120種の苔が覆っている境内です。また庭園内にある湘南亭・少庵堂・潭北亭の3つの茶室も見どころです。なおアップルの創業者・スティーブ・ジョブズはお忍びよく苔寺を訪れていたと言われています。
苔寺見どころ(見所)詳細

重要文化財・・・湘南亭、絹本著色夢窓疎石像

【苔寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-391-3631

【苔寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
拝観の申込は「〒615-8286 京都府京都市西京区松尾神ヶ谷町56 西芳寺参拝係」に往復ハガキにて、希望日・人数・代表者の住所・氏名を明記し、希望日の2ヶ月前から1週間前までに届くように申し込む必要があります。
天龍寺(アクセス・見どころ・・・)情報
天龍寺見どころ

【苔寺 おすすめ散策ルート】
苔寺からのおすすめ散策ルートは鈴虫寺(華厳寺)・月読神社・松尾大社を経由し、渡月橋に向かうルートです。ルート周辺には桂川が流れ、世界遺産だけでなく、桂・松尾・嵐山の自然を感じることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。ただ松尾大社から渡月橋までは結構距離がある為、阪急嵐山線やバスなどを利用した方がいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る