高台寺

高台寺

高台寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)高台寺は霊屋(おたまや)が桃山様式の蒔絵が装飾されていたり、高台寺には豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)が持っていたと伝えられている蒔絵調度類がたくさんあることから「蒔絵の寺」とも言われています。

【高台寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区高台寺下河原町526
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から高台寺は206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約12分)・祇園四条駅(徒歩約12分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約15分)

【高台寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:30 受付17:00終了

【高台寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
高台寺・高台寺掌美術館・・・大人600円、中高生250円
高台寺・高台寺掌美術館・円徳院・・・大人900円

団体(30名以上)
高台寺・高台寺掌美術館・・・大人500円

スポンサーリンク


【高台寺 歴史・簡単概要】
高台寺(こうだいじ)は1606年(慶長11年)関白・豊臣秀吉の正室・北政所(ねね)が1598年(慶長3年)に亡くなった秀吉の菩提を弔う為、弓箴善彊(きゅうしんぜんきょう)を開山として創建しました。北政所は当初実母・朝日局(吉子)が弔われている菩提寺・康徳寺に弔うとしたが、手狭だったことから岩栖院(がんせいいん)と敷地交換して、現在の場所に創建しました。高台寺の名称は北政所の落飾(仏門に入る)後の1603年(慶長8年)に後陽成天皇から賜った院号・高台院湖月尼に由来しています。その後1624年(寛永元年)臨済宗・建仁寺から三江紹益(さんこうじょうえき)を招聘し、曹洞宗から臨済宗に改めました。
高台寺は臨済宗建仁寺派の寺院です。
高台寺歴史年表
*参考・・・高台寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ高台寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【高台寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
高台寺の見どころは高台寺掌美術館で見られる北政所や豊臣秀吉ゆかりの品々です。なお高台寺は桜や紅葉の名所の為、春や秋に訪れてもいいかもしれません。
高台寺見どころ(見所)詳細
京都桜見頃・桜だより
京都紅葉名所・紅葉見ごろ
京都紅葉ライトアップ2017

重要文化財・・・表門、霊屋、開山堂、傘亭(安閑窟)及び時雨亭、観月台、絹本着色十六羅漢像、絹本着色豊臣秀吉像、蒔絵調度類、亀甲花菱文縫箔打掛、綴織鳥獣文陣羽織、豊臣秀吉消息、梵鐘など

【高台寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-561-9966

【高台寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
東山花灯路

【高台寺 おすすめ散策ルート】
高台寺からのおすすめ散策ルートはねねの道(ねねの小径)・八坂の塔(法観寺)・二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)を経由し、清水寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、世界遺産である清水寺にたどり着き、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお散策ルート周辺には坂本龍馬の墓(京都霊山護国神社)に通じる維新の道もあり、そちらを散策してもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る