光円寺

光円寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(最終確認2014年末)光円寺の門前には「親鸞聖人御入滅之地 五条西洞院月輪本荘 花園殿奮跡」の石碑が立っています。なお親鸞聖人は浄土真宗の開祖で、法然上人を師と仰ぎ、「法然によって明らかにされた浄土往生を説く真実の教え」を継承しました。

【光円寺 アクセス・地図】*アドレス変更により、順次置き換え中です。
場所・・・京都府京都市下京区松原通西洞院東入藪下町7番地
最寄り駅・バス停・・・五条駅(徒歩約10分)、四条駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

【光円寺 拝観時間・時間(要確認)】
10:00~16:00
年中無休

【光円寺 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【光円寺 歴史・簡単概要】
光円寺(こうえんじ)・光圓寺は関白・九条兼実(くじょうかねざね)の別荘・月輪本庄花園殿があった場所で、浄土真宗の開祖・親鸞聖人(しんらんしょうにん)が晩年を過ごし、1262年(弘長2年)に亡くなった場所とも言われています。その後1552年(天文21年)に現在の場所に移り、寺に改められました。なお光円寺11世・祐正法師の頃に大谷派(東本願寺)に属するようになったと言われています。
光円寺は真宗大谷派の寺院です。
*参考・・・光円寺

【光円寺 見どころ・文化財】
光円寺の見どころは親鸞聖人・九条兼実などの木像です。

【光円寺 連絡先(現在確認中・要確認)】*むやみに電話しないで下さい。情報収集はネットで行って下さい。
電話番号・・・075-351-7069

【光円寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【光円寺 おすすめ散策ルート】
光円寺からのおすすめ散策ルートは南にある東本願寺を経由し、西本願寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、世界遺産である西本願寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお光円寺の北西には西本願寺と同じく、世界遺産である二条城があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。ただ少し距離がある為、あまり無理はしない方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 大文字
    五山送り火スポット情報を紹介しています。五山送り火スポットは五山(大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居…
  2. 広沢池灯籠流し
    五山送り火(鳥居形)と灯籠流し(嵐山灯篭流し・広沢池灯籠流し)を同時に楽しめる鑑賞スポット情報を紹介…
  3. 京の七夕
    京の七夕2017は京都の夏の風物詩です。京の七夕は毎年8月に行われています。京の七夕は鴨川会場・堀川…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る