光悦寺

光悦寺

光悦寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。光悦寺には大虚庵・三巴亭・了寂軒・徳友庵・本阿弥庵・騎牛庵・自得庵という7つの茶室が散在しています。その内の大虚庵は本阿弥光悦の居室の名前で、三巴亭には光悦堂と称した八畳の間があり、仏壇には光悦の木像が安置されています。

【光悦寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市北区鷹峯光悦町29
最寄り駅・バス停・・・鷹峯源光庵前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*四条大宮から光悦寺は6系統
*北大路バスターミナルからは北1系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【光悦寺 拝観時間・時間(要確認)】
8:00~17:00
11/10~11/13は拝観できません。

【光悦寺 拝観料金・料金(要確認)】
大人・大学生・高校生・中学生300円

スポンサーリンク


【光悦寺 歴史・簡単概要】
光悦寺(こうえつじ)は1615年(元和元年)書家・陶芸家・芸術家である本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が江戸幕府初代将軍・徳川家康から土地を与えられ、草庵を結んで法華題目堂を建てたのが起源です。その後光悦が亡くなり、草庵は寺院に改められました。なお「本阿弥行状記」によると光悦寺がある土地は当初辻斬りや追い剥ぎが出没する場所だったが、光悦一族や工芸職人が移り住んでからは芸術集落となったそうです。
光悦寺は日蓮宗の寺院です。
*参考・・・光悦寺光悦寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【光悦寺 見どころ・文化財】
光悦寺の見どころは7つの茶室です。また光悦垣と言われる垣根も見どころです。なお光悦寺は紅葉の名所の為、秋に訪れてもいいかもしれません。
京都紅葉名所・見頃

【光悦寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-492-1858

【光悦寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【光悦寺 おすすめ散策ルート】
光悦寺からのおすすめ散策ルートは金閣寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、洛北や鷹峰の自然を感じながら世界遺産である金閣寺まで行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお光悦寺周辺には丸い「悟りの窓」、四角い「迷いの窓」のテレビのCMでお馴染みの源光庵もあり、そちらを散策してから金閣寺まで散策するのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 清水寺

    2017年4月のイベント

    京都市内などで2017年4月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 葵祭

    2017年5月のイベント

    京都市内などで2017年5月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る