光源院

光源院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。光源院の名称の由来になった室町幕府13代将軍・足利義輝は南禅寺で生まれ、1546年(天文15年)11歳で将軍に就き、1565年(永禄8年)松永久秀と三好三人衆が二条御所を襲撃した永禄の変により、29歳で亡くなりました。

【光源院 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市上京区今出川通鳥丸東入相国寺門前町701
最寄り駅・・・今出川駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から光源院は地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

スポンサードリンク


【光源院 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【光源院 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

【光源院 歴史・簡単概要】
光源院(こうげんいん)は1421年(応永28年)相国寺28世・元容周頒の塔所として創建されました。光源院は当初広徳軒(こうとくけん)と称していました。1565年(永禄8年)室町幕府13代将軍・足利義輝の菩提寺になり、義輝の院号「光源院融山道円」に因んで、名称が光源院に改められました。その後1885年(明治18年)に建物を壊し、1896年(明治29年)に善應院と合寺し、善應院を光源院に改めました。なお善應院は1604年(慶長9年)備前・池田輝政が母・善應院殿の香火所として創建しました。
光源院は臨済宗相国寺派・相国寺の塔頭です。
*参考・・・光源院

【光源院 見どころ・文化財】
光源院の見どころは本堂の仏間12面に描かれた襖絵です。襖絵は1988年(昭和63年)に日本画家・水田慶泉が描きました。

【光源院 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-231-7849

【光源院 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】
市バスの場合、四条河原町からは59系統・201系統・203系統、最寄りのバス停は同志社前(徒歩約3分)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」
相国寺(アクセス・見どころ・・・)情報
相国寺見どころ

【光源院 おすすめ散策ルート】
光源院からのおすすめ散策ルートは北東にある加茂川(鴨川)を渡り、下鴨神社(賀茂御祖神社)を経由し、上賀茂神社(賀茂別雷神社)に向かうルートです。1時間ほど散策すれば、いずれも世界遺産である下鴨神社・上賀茂神社を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお上賀茂神社までは結構距離がある為、下鴨神社周辺の糺の森・加茂川・高野川を散策するのもいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る