弘源寺

弘源寺

弘源寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。弘源寺の毘沙門天は節分に行われる天龍寺七福神めぐりのひとつです。なお毘沙門天以外には三秀院の東向大黒天・慈済院の水摺大弁財天・松厳寺の福禄寿・妙智院の宝徳稲荷・寿寧院の赤不動明王・永明院の恵比寿があります。

【弘源寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町65
最寄り駅・バス停・・・嵐山天龍寺前(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から弘源寺は28系統(D3乗り場)
*四条河原町からは11系統
*四条烏丸からは11系統
*河原町丸太町からは93系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約10分)
*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約5分)

スポンサードリンク


【弘源寺 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開
春・秋の特別公開・・・9:00~17:00

【弘源寺 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開
春・秋の特別公開・・・大人500円、中学生・小学生300円

【弘源寺 歴史・簡単概要】
弘源寺(こうげんじ)は1429年(永享元年)室町幕府管領・細川持之(ほそかわもちゆき)が天龍寺を開山した夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)の法孫・玉岫禅師(ぎょくしゅうえいしゅ)を招聘して、創建しました。弘源寺の名称は細川持之の院号に由来しています。その後度々焼失し、1882年(明治15年)に維北軒(いほくけん)と合寺し、現在の場所に移りました。なお細川持之は管領・細川満元の子で、早世した兄に代わって家督を継ぎ、1432年(永享4年)に管領になりました。
弘源寺は臨済宗天龍寺派大本山・天龍寺の塔頭です。
*参考・・・弘源寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【弘源寺 見どころ・文化財】
弘源寺の見どころは重要文化財である毘沙門天を祀っている毘沙門堂です。毘沙門天はインドの仏師・毘首羯磨(びしゅかつま)作で、インド・中国を経由し、比叡山無動寺・般舟院を経て、弘源寺に伝わったと言われています。

重要文化財・・・毘沙門天(三国伝来毘沙門天)

【弘源寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-881-1232

【弘源寺 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】
*京都バスの場合、京都駅からは72系統、最寄りのバス停は京福嵐山駅前(徒歩約5分)
京都バス・アクセスダイヤ
天龍寺(アクセス・見どころ・・・)情報
天龍寺見どころ

【弘源寺 おすすめ散策ルート】
弘源寺からのおすすめ散策ルートは天龍寺・竹林の道(竹林の小径)・野宮神社・二尊院を経由し、化野念仏寺に向かうルートです。40分ほど散策すれば、世界遺産である天龍寺だけでなく、嵯峨の自然を感じながら化野念仏寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお弘源寺近くには渡月橋・嵐山があり、それらを散策するのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る