興正寺

興正寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。興正寺の本堂は起工から128年掛けて造られ、日光東照宮の本廟と知恩院の三門と合わせて、日本三建築のひとつと称せられていたが、1902年(明治35年)の火災によって焼失しました。なお現在の伽藍は1912年(明治45年)に完成しました。

【興正寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市下京区堀川通七条上ル花園町70番地
最寄り駅・バス停・・・西本願寺前(徒歩すぐ)、七条堀川(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは9系統(B1乗り場)西七、28系統(D3乗り場)西、50系統(B2乗り場)西、75系統(C5乗り場)西、206系統(A3乗り場)七、208系統 (B3乗り場)七
*四条堀川からは9系統西七、28系統西七
*堀川丸太町からは9系統西七
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JRの場合、最寄り駅は京都駅(徒歩約10分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は大宮駅(徒歩約20分)

スポンサードリンク


【興正寺 拝観時間・時間(要確認)】
6:00~17:00
年中無休

【興正寺 拝観料金・料金(要確認)】
懇志

【興正寺 歴史・簡単概要】
興正寺(こうしょうじ)は文明年間に仏光寺14世・蓮教上人(れんきょうしょうにん)・経豪(きょうごう)が本願寺8世・蓮如上人(れんにょしょうにん)に帰依し、仏光寺を弟・経誉に譲って、山科に一宇を建立したのが起源です。その後興正寺は本願寺とともに度々移り、1569年(永禄12年)顕如(けんにょ)の次男・顕尊(けんそん)が入寺して、本願寺の脇門跡に任ぜられました。1591年(天正19年)関白・豊臣秀吉の命により、本願寺とともに現在の場所に移りました。なお興正寺の名称は仏光寺の旧称に由来しています。
興正寺は真宗興正派の本山です。
*参考・・・興正寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ興正寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【興正寺 見どころ・文化財】
興正寺の見どころは阿弥陀堂です。阿弥陀堂は1915(大正4年)に再建され、聖徳太子の御影が安置されています。なお興正寺は梅の名所で見どころです。
京都梅名所・見頃

【興正寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-371-0075

【興正寺 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【興正寺 おすすめ散策ルート】
興正寺からのおすすめ散策ルートは西本願寺を経由し、南側にあるJRの線路を越えて、東寺(教王護国寺)に向かうルートです。20分ほど散策すれば、いずれも世界遺産である西本願寺・東寺を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおルート周辺には京都水族館・梅小路蒸気機関車館もあり、それらを散策するのもいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る