高桐院

高桐院

高桐院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。高桐院本堂の西側庭園奥にには細川忠興(三斎)と細川ガラシャ夫人の墓があります。また茶室・鳳来の前庭には武将・加藤清正が朝鮮出兵で持ち帰り、忠興に贈ったと言われている蹲踞(つくばい)もあります。

【高桐院 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市北区紫野大徳寺町73-1
最寄り駅・バス停・・・大徳寺前(徒歩約5分)、建勲神社前(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から高桐院は101系統(B2乗り場)、205系統(B3乗り場)、206系統(A3乗り場)
*四条河原町からは12系統、205系統
*四条烏丸からは12系統
*河原町丸太町からは204系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサードリンク


【高桐院 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:30 閉門16:20
6/7~6/8、開祖忌は拝観できません。

【高桐院 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人・大学生・高校生400円、中学生300円、小人200円

団体
大人・大学生・高校生360円

【高桐院 歴史・簡単概要】
高桐院(こうとういん)は1602年(慶長7年)武将で、利休七哲の一人である細川忠興(ほそかわただおき・三斎(さんさい))が父・藤孝(ふじたか・幽斎(ゆうさい))の為、藤孝の弟で、大徳寺住持・玉甫紹琮(ぎょくほじょうそう)を開山として創建しました。その後1645年(正保2年)細川忠興が亡くなり、遺言によって遺歯が埋葬され、以後細川家の菩提寺になりました。なお高桐院は1601年(慶長6年)に創建されたとも言われるが、大宝円鑑国師(たいほうえんかんこくし)・春屋宗園(しゅんおくそうえん)が与えた偈(詩句)に「寅十月十七日」と記されていることから1602年(慶長7年)に創建されたとも言われています。なお利休七哲は細川忠興・蒲生氏郷(がもううじさと)・古田織部(ふるたおりべ)・芝山宗綱(しばやまむねつな)・瀬田正忠(せたまさただ)・高山右近(たかやまうこん)・牧村利貞(まきむらとしさだ)です。(諸説あり)
高桐院は臨済宗大徳寺派大本山・大徳寺の塔頭です。
*参考・・・高桐院高桐院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【高桐院 見どころ・文化財】
高桐院の見どころは楓の庭と言われている庭園です。庭園は一面の苔地の中に数株の楓のみ植わった簡素なものです。なお高桐院は紅葉の名所の為、秋に訪れてもいいかもしれません。参道の石畳を覆う紅葉の落ち葉が人気です。
京都紅葉名所

国宝・・・絹本墨画山水図
重要文化財・・・絹本着色牡丹図 、絹本着色稲葉良籌像

【高桐院 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-492-0068

【高桐院 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】
寺宝は毎年10月第2日曜日に1日限りで公開させます。なお拝観料金は大人500円です。(要確認)
大徳寺(アクセス・見どころ・・・)情報
大徳寺見どころ

【高桐院 おすすめ散策ルート】
高桐院からのおすすめ散策ルートは「きぬかけの道」沿いにあり、いすれも世界遺産である金閣寺(鹿苑寺)・龍安寺・仁和寺に向かうルートです。1時間半ほど「きぬかけの道」を散策すれば、世界遺産3か所を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。ただ高桐院から仁和寺までは結構距離がある為、金閣寺からはバスなどを使った方がいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る