鞍馬寺

鞍馬寺

鞍馬寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。鞍馬寺は弁慶と牛若丸(源義経)でお馴染みの牛若丸が修行をしていた寺として有名です。また鞍馬寺は仁王門から本殿金堂に向かうケーブルカーを運営しており、宗教法人としては唯一の鉄道事業者であることでも知られています。

【鞍馬寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市左京区鞍馬本町1074
最寄り駅・バス停・・・鞍馬駅(徒歩約1分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*叡山電鉄町柳駅からは鞍馬線

スポンサードリンク


【鞍馬寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:30
年中無休 ただ霊宝殿は月曜、12月12日~2月末日までは休館

【鞍馬寺 拝観料金・料金(要確認)】
高校生以上300円、中学生以下無料

【鞍馬寺 歴史・簡単概要】
鞍馬寺(くらまでら)は社伝によると770年(宝亀元年)律宗の開祖・鑑真和上(がんじんわじょう)の高弟・鑑禎上人(がんていしょうにん)が草庵を結び、毘沙門天を本尊として奉安したのが起源と言われています。その後平安時代に京都の北方を守護する寺として信仰されました。寛平年間(889年~897年)に東寺(教王護国寺)の僧・峯延(ぶえん)が入寺して真言宗に改められるが、12世紀に天台宗に改められて青蓮院(しょうれんいん)の末寺になりました。その後1126年(大治元年)・1812年(文化9年)・1945年(昭和20年)など度々焼失したと言われています。なお1947年(昭和22年)住職・信楽香雲(しがらきこううん)が鞍馬弘教を開宗し、1949年(昭和24年)天台宗から独立しました。
鞍馬寺は鞍馬弘教の総本山です。
*参考・・・鞍馬寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ鞍馬寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【鞍馬寺 見どころ・文化財】
鞍馬寺の見どころは紅葉です。鞍馬寺はエネルギーアップや心願成就のパワースポットとしても知られているので、秋に訪れてもいいかもしれません。また鞍馬寺は桜の名所です。なお鞍馬寺がある鞍馬は火祭が有名だが、火祭りは仁王門近くにある由岐神社の祭礼です。
京都紅葉名所・見頃
京都桜名所

国宝・・・木造毘沙門天立像・木造吉祥天立像・木造善膩師童子立像、鞍馬寺経塚遺物
重要文化財・・・木造観音菩薩立像、造兜跋毘沙門天立像、黒漆剣、剣、銅燈篭、鞍馬寺文書

【鞍馬寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-741-2003

【鞍馬寺 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】
*市バス・叡山電鉄利用の場合、市バス・京都駅17系統→出町柳駅前→叡山電鉄鞍馬線・出町柳駅→鞍馬駅(徒歩約1分)
*JR・京阪電鉄・叡山電鉄利用の場合、JR・京都駅→東福寺駅→京阪電鉄本線 東福寺駅→出町柳駅→叡山電鉄鞍馬線・出町柳駅→鞍馬駅(徒歩約1分)

【鞍馬寺 おすすめ散策ルート】
鞍馬寺からのおすすめ散策ルートは仁王門から本殿金堂に向かう際、ケーブルカー使わずに本殿金堂まで散策するルートです。ただ本殿金堂までは急な山道があったりする為、カーブルカーを使った方がいいかもしれません。京都観光・旅行では無理は禁物です。なお鞍馬寺の近くには直線距離で1キロ弱のところに貴船神社があるが、こちらも坂道があったりする為、あまり無理をしない方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る