黒谷青龍寺

黒谷青龍寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)黒谷青龍寺ではかつて浄土宗の開祖・法然上人が学んだと言われています。その後法然上人は比叡山を下りて金戒光明寺に隠棲し、「黒谷のご上人」とも言われました。なお黒谷青龍寺は浄土宗では元黒谷とも言われています。

【黒谷青龍寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区八瀬秋元町946
最寄り駅・バス停・・・峰道(徒歩約30分)

バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*延暦寺バスセンターから黒谷青龍寺は比叡山内シャトルバス
京都バス・アクセスダイヤ

【黒谷青龍寺 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【黒谷青龍寺 拝観料金・料金(要確認)】
不明

スポンサーリンク


【黒谷青龍寺 歴史・簡単概要】
黒谷青龍寺(くろだにせいりゅうじ)は平安時代後期に18代天台座主・良源(りょうげん)が開基したと言われています。その後1614年(慶長19年)禿盛が再興しました。なお1967年(昭和42年)浄土宗の総本山・知恩院が天台宗の総本山・延暦寺の理解を得て、青少年修練道場として再興しました。黒谷青龍寺では知恩院と延暦寺の合同法要が行われているそうです。
黒谷青龍寺は知恩院が管理しています。

【黒谷青龍寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
黒谷青龍寺の見どころは大黒天が顕れたと言われている大黒滝です。

重要文化財・・・維摩居士坐像、木造慈恵大師像

【黒谷青龍寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-722-1300

【黒谷青龍寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【黒谷青龍寺 おすすめ散策ルート】
黒谷青龍寺からのおすすめ散策ルートは最寄りのバス停・峰道に向かうルートです。30分ほど散策すれば、バス停・峰道に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお黒谷青龍寺は市街地からかなり離れ、周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る