京都御苑・二条城桜散策コース

二条城ライトアップ

京都御苑・京都御所・二条城桜散策コースは昼間に桜をたっぷり楽しむことができます。二条城ではライトアップが行われる為、京都御苑や二条城周辺で夕食を済ませてから二条城のライトアップを楽しむのもいいかもしれません。なおルート周辺には相国寺・清明神社・神泉苑などもあり、寄り道しながら桜を楽しむのもいいかもしれません。

【京都御苑・二条城 桜散策ルート】

【京都御苑 桜概要】
桜の本数・・・山桜・枝垂桜など約1000本
桜の見頃時期(例年)・・・3月下旬頃~4月中旬頃

【京都御所 桜概要】
桜の本数・・・御車返しの桜・左近の桜
桜の見頃時期(例年)・・・4月上旬頃

【二条城 桜概要】
桜の本数・・・染井吉野・里桜など約400本
桜の見頃時期(例年)・・・4月上旬頃
ライトアップ・・・2017年3月24日~4月16日 18:00~21:00

スポンサーリンク


【京都御苑 歴史・簡単概要】
京都御苑は江戸時代には宮家・公家の邸宅が立ち並んでいたが、東京に遷都した為に荒廃しました。そこで岩倉具視が旧慣保存の為、御所の保存を建議し、京都府が火災延焼を防ぐ為、空き家を撤去して整備したのが京都御苑の起源です。京都御苑の中に京都御所・仙洞御所があります。
京都御苑・桜名所

【京都御所 歴史・簡単概要】
京都御所は794年(延暦13年)平安遷都時の内裏に代わる臨時の里内裏・土御門東洞院殿があった場所です。その後1392年(明徳3年)の南北朝の合一以後には正式の皇居になりました。なお御所は四方を築地塀に囲まれ、鬼門に当たる北東角だけは凹んでおり、「猿ヶ辻」と言われています。
京都御所・桜名所

【晴明神社 歴史・簡単概要】
晴明神社は1007年(寛弘4年)一条天皇が1005年(寛弘2年)に亡くなった陰陽師・安倍晴明の遺業を賛え、稲荷神の生まれ変わりである晴明を祀ったのが起源です。なお厄除桃を撫でると厄が桃に移って厄除けになると言われています。また晴明井には無病息災のご利益があると言われています。
晴明神社(アクセス・見どころ・・・)

【相国寺 歴史・簡単概要】
相国寺は1382年(永徳2年)室町幕府3代将軍・足利義満が花の御所の隣接地に一大禅宗伽藍を建立することを発願したのが起源です。ただ1394年(応永元年)史上最も高かったと言われる日本様式の仏塔・七重大塔を含めて焼失しました。なお室町時代には京都五山の第2位に列せられました。
相国寺(アクセス・見どころ・・・)

【神泉苑 歴史・簡単概要】
神泉苑は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都の際、大内裏の南に接する場所に造営された禁苑(宮中の庭)です。なお863年(貞観5年)に疫病が流行し、疫病を鎮める御霊会(ごりょうえ)が行われ、869年(貞観11年)に行われた御霊会が祇園祭の起源と言われています。
神泉苑(アクセス・見どころ・・・)

【二条城 歴史・簡単概要】 世界遺産
二条城はかつて禁苑(宮中の庭・天皇の為の庭園)だった神泉苑(しんせんえん)の一部だったが、1601年(慶長6年)徳川家康が京都御所の守護・将軍の宿泊所として築城に着手しました。なお二条城のような城郭は寺社が多い世界遺産の中で例外的な存在です。
二条城・桜名所

【京都御苑・二条城 桜散策ルート 備考】
京都桜見頃・桜だより
京都桜名所

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 晴明祭

    2017年9月のイベント

    京都市内などで2017年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る