三室戸寺

三室戸寺

三室戸寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。三室戸寺のパワースポット・宝勝牛は咥えている牛玉の観音様に触れて願うと勝運や金運がアップすると言われています。なお三室戸寺は庭園が5千坪あり、ツツジ・シャクナゲ・アジサイ・ハスが植えられ、「花の寺」と言われています。

【三室戸寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府宇治市菟道滋賀谷21
最寄り駅・バス停・・・京阪三室戸駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*祇園四条駅からは京阪電鉄本線・宇治線

【三室戸寺 拝観時間・時間(要確認)】
8:30~16:30(4/1~10/31) 受付30分前終了
8:30~16:00(11/1~3/31) 受付30分前終了
12/29~12/31は拝観できません。

【三室戸寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人500円、小人300円

団体(30名以上)
大人400円

スポンサーリンク


【三室戸寺 歴史・簡単概要】
三室戸寺(みむろとじ)・花の寺は寺伝によると770年(宝亀元年)光仁天皇の勅願により、南都大安寺の僧・行表(ぎょうひょう)が岩淵から出現した千手観音菩薩を本尊として創建したと言われています。三室戸寺は当初御室戸寺と称したと言われています。その後度々焼失し、文明年間(1469年~1487年)に現在の場所に移りました。1573年(天正元年)室町幕府第15代将軍・足利義昭(あしかがよしあき)に加勢したことから織田信長によって焼き討ちされ、1639年(寛永16年)に道晃法親王が再興し、1814年(文化11年)には現在の本堂が再建されました。
三室戸寺は本山修験宗の別格本山です。
*参考・・・三室戸寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ三室戸寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【三室戸寺 見どころ・文化財】
三室戸寺の見どころは「花の寺」と言われる花です。なお三室戸寺は紅葉の名所の為、秋に訪れてもいいかもしれません。
京都紅葉名所・見頃

重要文化財・・・十八神社本殿、木造阿弥陀如来及び両脇侍坐像図、木造釈迦如来立像、木造毘沙門天立像、十八神社本殿

【三室戸寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0774-21-2067

【三室戸寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【三室戸寺 おすすめ散策ルート】
三室戸寺からのおすすめ散策ルートは南西にある宇治神社・宇治上神社を経由し、宇治川を渡って、平等院に向かうルートです。40分ほど散策すれば、いずれも世界遺産である宇治上神社・平等院を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむすることができます。なおルート周辺には源氏物語ミュージアム・放生院もあり、それらも一緒に散策してもいいかもしれません。

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 清水寺

    2017年4月のイベント

    京都市内などで2017年4月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る