妙覚寺

妙覚寺

妙覚寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(最終確認2014年末)妙覚寺を創建した日像上人の法孫・日実(にちじつ)は元々日蓮宗の大本山・妙顕寺(みょうけんじ)の僧で、大覚を師事していたが、教義や後継問題を巡って寺内で対立し、実弟・日成とともに妙顕寺を離れたそうです。ちなみに妙覚寺は妙顕寺・立本寺とともに「龍華の三具足(りゅうげのみつぐそく)」と言われています。

【妙覚寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市上京区上御霊前通小川東入下清蔵口町135
最寄り駅・バス停・・・鞍馬口駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

【妙覚寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:30~15:30

【妙覚寺 拝観料金・料金(要確認)】
本堂・庭園・・・大人500円

スポンサーリンク


【妙覚寺 歴史・簡単概要】
妙覚寺(みょうかくじ)は1378年(永和4年)に日像上人(にちぞうしょうにん)の法孫・日実(にちじつ)が豪商・小野妙覚の外護により、四条大宮の小野妙覚邸内に創建しました。ただ妙覚寺では日像上人を開山、日実を妙覚寺4世としているそうです。その後1466年(寛正7年)に本覚寺と合寺し、1483年(文明15年)には室町幕府9代将軍・足利義尚の命により、二条衣棚に移りました。しかし1536年(天文5年)の天文法華の乱で焼失して堺に避難したが、1542年(天文11年)に第105代・後奈良天皇が法華宗帰洛の綸旨を下し、1548年(天文17年)に再建されました。その後関白・豊臣秀吉の命により、現在の場所に移りました。なお1788年(天明8年)の天明の大火によって焼失し、その後再建されました。
妙覚寺は日蓮宗の本山です。
*参考・・・妙覚寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【妙覚寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
妙覚寺の見どころは庭園です。また京都府の指定有形文化財である本堂・祖師堂も見どころです。なお大門近くの枝垂桜も見どころです。枝垂桜は例年4月上旬頃に見頃を迎えます。

重要文化財・・・盂蘭盆御書 日蓮筆

【妙覚寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-441-2802

【妙覚寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
市バスの場合、四条河原町・四条烏丸からは12系統、最寄りのバス停は天神公園前(徒歩約5分)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【妙覚寺 おすすめ散策ルート】
妙覚寺からのおすすめ散策ルートは北西にある大徳寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、一休さん(一休宗純)ゆかりの大徳寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。大徳寺周辺には瑞峯院・大仙院・芳春院・黄梅院・大光院などもあり、それらも一緒に散策するのもいいかもしれません。なお妙覚寺の南東にある京都御苑があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る