妙光寺

妙光寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(最終確認2014年末)妙光寺の本坊・建仁寺が現在所有する「風神雷神図屏風(国宝)」は江戸時代に妙光寺が再興される際、豪商で、歌人だった打陀公軌(うちだきんのり)が絵師・俵屋宗達(たわらやそうたつ)に製作を依頼したとも言われています。

【妙光寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市右京区宇多野上ノ谷町20
最寄り駅・バス停・・・福王子(徒歩約5分)

JRバスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅・四条大宮から妙光寺は高雄京北線 栂ノ尾・周山行き
西日本JRバス・アクセスダイヤ

*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は宇多野駅(徒歩約8分)

【妙光寺 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【妙光寺 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

スポンサーリンク


【妙光寺 歴史・簡単概要】
妙光寺(みょうこうじ)は1285年(弘安8年)内大臣・花山院師継(かさのいんもろつぐ)が長子・忠季(ただとし)の死を悼んで、臨済宗の僧・心地覚心(みょうこうじ)を開山として山荘を寺院に改め、花山院家の菩提寺にしたのが起源です。妙光寺(妙光禅寺)の名称は忠季の法名・妙光に由来しています。その後亀山天皇・後醍醐天皇・南朝第2代後村上天皇の勅願寺になりました。しかし応仁の乱の兵火によって荒廃し、江戸時代に建仁寺霊洞院住持・才林慈俊が再興したも、建仁寺295世・三江紹益(さんこうじょうえき)が堂宇を再建したとも言われています。ただ新撰組の焼き討ちにあったり、風水害によって荒廃したりしました。なお1885年(明治18年)に建仁寺から宝陀閣が移され、2004年(平成16年)からは本堂などがが整備されました。
妙光寺は臨済宗建仁寺派の寺院です。
*参考・・・妙光寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【妙光寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
妙光寺の見どころは障壁画「干潮図」です。「干潮図」は「北斗の拳」で知られている画家・井上文太が制作しました。また中庭の中央の井戸も見どころです。高杉晋作が酔って落ちたとも言われています。

重要文化財・・・黄地花入菱花鳥文唐綾九条袈裟(無本覚心所用)

【妙光寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・075-463-0780

【妙光寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【妙光寺 おすすめ散策ルート】
妙光寺からのおすすめ散策ルートは南にある「きぬかけの道」沿いに仁和寺・龍安寺を散策するルートです。30分ほど散策すれば、いすれも世界遺産である仁和寺・龍安寺を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお「きぬかけの道」を更に東に行くと世界遺産である金閣寺(鹿苑寺)があり、そちらまで散策するのもいいかもしれません。ただ結構距離があります。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る