二条城観光地図

二条城

京都観光・旅行では世界遺産である二条城を訪ねる方が多いと思うが、二条城周辺には二条城以外に魅力的な寺社がたくさんあります。時間のある方は二条城観光マップを見ながらのんびり散策するのもいいかもしれません。なお京都観光・旅行でおすすめする寺社は下記の通りです。

【二条城観光マップ・周辺地図】

スポンサードリンク


【二条城 概要】
二条城はかつて禁苑(宮中の庭)だった神泉苑の一部で、1587年(天正15年)には豊臣秀吉が聚楽第を造営した場所だったが、1601年(慶長6年)徳川家康が京都御所の守護・将軍の宿泊所として築城に着手しました。なお二条城のような城郭は寺社が多い世界遺産の中で例外的な存在です。
二条城(アクセス・見どころ・・・)
二条城見どころ

【神泉苑 概要】
神泉苑は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都の際、大内裏の南に接する場所に造営された禁苑(宮中の庭)です。なお863年(貞観5年)に疫病が流行し、疫病を鎮める御霊会(ごりょうえ)が行われ、869年(貞観11年)に行われた御霊会が祇園祭の起源と言われています。
神泉苑(アクセス・見どころ・・・)

【京都御苑 概要】
京都御苑は江戸時代には宮家・公家の邸宅が立ち並んでいたが、東京に遷都した為に荒廃しました。そこで岩倉具視が旧慣保存の為、御所の保存を建議し、京都府が火災延焼を防ぐ為、空き家を撤去して整備したのが京都御苑の起源です。京都御苑の中に京都御所・仙洞御所があります。
京都御苑(アクセス・見どころ・・・)

【京都御所 概要】
京都御所は794年(延暦13年)平安遷都時の内裏に代わる臨時の里内裏・土御門東洞院殿があった場所です。その後1392年(明徳3年)の南北朝の合一以後には正式の皇居になりました。なお御所は四方を築地塀に囲まれ、鬼門に当たる北東角だけは凹んでおり、「猿ヶ辻」と言われています。
京都御所(アクセス・見どころ・・・)

【仙洞御所 概要】(拝観には事前申込が必要)
仙洞御所は1627年(寛永4年)後水尾上皇の為に造営され、正式名称を桜町殿と言いました。その後1854年(安政元年)火災によって内裏とともに焼失し、庭園だけが残りました。なお仙洞御所とは退位した天皇(上皇・法皇)の御所です。仙洞とは本来俗世を離れた仙人の住み処を言います。
仙洞御所(アクセス・見どころ・・・)

【晴明神社 概要】
晴明神社は1007年(寛弘4年)一条天皇が1005年(寛弘2年)に亡くなった陰陽師・安倍晴明の遺業を賛え、稲荷神の生まれ変わりである晴明を祀ったのが起源です。なお厄除桃を撫でると厄が桃に移って厄除けになると言われています。また晴明井には無病息災のご利益があると言われています。
晴明神社(アクセス・見どころ・・・)

【壬生寺 概要】
壬生寺は991年(正暦2年)園城寺(三井寺)の僧・快賢僧都(かいけんそうず) が母の為に建立し、当初地蔵院・宝幢三昧寺などと言われていました。なお1863年(文久3年)新選組が結成され、屯所近くのだったこともあり、境内は新選組の兵法調練場として使われていました。
壬生寺(アクセス・見どころ・・・)

【相国寺 概要】
相国寺は1382年(永徳2年)室町幕府3代将軍・足利義満が花の御所の隣接地に一大禅宗伽藍を建立することを発願したのが起源です。ただ1394年(応永元年)史上最も高かったと言われる日本様式の仏塔・七重大塔を含めて焼失しました。なお室町時代には京都五山の第2位に列せられました。
相国寺(アクセス・見どころ・・・)

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る