二条城・平野神社桜散策コース

二条城

二条城・平野神社桜散策コースは昼間だけでなく、ライトアップも行われる為、幻想的な夜桜を楽しむことができます。ただ二条城から平野神社まではかなり距離がある為、あまり無理はしない方がいいかもしれません。なおルート周辺には北野天満宮・上七軒・東向観音寺などもあり、寄り道しながら桜を楽しむのもいいかもしれません。

【二条城・平野神社 桜散策ルート】

【二条城 桜概要】
桜の本数・・・染井吉野・里桜など約400本
桜の見頃(例年)・・・4/上旬頃
ライトアップ・・・2015/3/20~4/12(18:00~21:00)
料金・・・大人400円

【平野神社 桜概要】
桜の本数・・・魁・桃桜・染井吉野など約50種約400本
桜の見頃(例年)・・・4/上旬頃
ライトアップ・・・2015/3/20~4/20(日没~21:00)
料金・・・無料

スポンサーリンク


【二条城 概要】 世界遺産
二条城はかつて禁苑(宮中の庭)だった神泉苑の一部で、1587年(天正15年)には豊臣秀吉が聚楽第を造営した場所だったが、1601年(慶長6年)徳川家康が京都御所の守護・将軍の宿泊所として築城に着手しました。なお二条城のような城郭は寺社が多い世界遺産の中で例外的な存在です。
二条城・桜名所

【神泉苑 概要】
神泉苑は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都の際、大内裏の南に接する場所に造営された禁苑(宮中の庭)です。なお863年(貞観5年)に疫病が流行し、疫病を鎮める御霊会(ごりょうえ)が行われ、869年(貞観11年)に行われた御霊会が祇園祭の起源と言われています。
神泉苑(アクセス・見どころ・・・)

【上七軒 概要】
上七軒は室町時代に北野天満宮が再建された際、残った資材を使って7軒の茶店が建てられたのが起源で、「上七軒」と言われるようになりました。桃山時代には豊臣秀吉が北野天満宮で茶会(北野大茶湯)を開いた際、茶店が団子を献上しました。なお上七軒では春に北野をどりが行われています。
上七軒(アクセス・見どころ・・・

【東向観音寺 概要】
東向観音寺は806年(大同元年)大納言・藤原小黒麿と賢璟法師が桓武天皇の勅により、王城鎮護の為に創建しました。当初朝日寺と言いました。なお東向観音寺は本堂が東を向いていることから東向観音と言われるようになりました。ただ元々は東向・西向の観音堂がありました。
東向観音寺(アクセス・見どころ・・・)

【北野天満宮 概要】
北野天満宮は947年(天暦元年)多治比文子(たじひのあやこ)・近江比良宮の神主である神良種(みわのよしたね)・北野朝日寺の僧である最珍(さいちん)らが社殿を造営したのが起源です。なお「文道の大祖・風月の本主」と言われる菅原道真を祀る為、学問の神として信仰を集めています。
北野天満宮(アクセス・見どころ・・・)

【平野神社 概要】
平野神社は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都とともに平城京の田村後宮に祀られていた三神(今木神・久度神・古開神)を移したのが起源と言われています。なお平野神社は古くから「平野の夜桜」と言われ、夜間にはライトアップも行われる桜の名所です。
平野神社・桜名所

【二条城・平野神社 桜散策ルート 備考】
京都桜名所・見頃
京都桜名所

京都観光 イベント・行事

  1. 聖護院節分会

    2017年2月のイベント

    京都市内などで2017年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭2017は京都の秋の風物詩です。時代祭は毎年10月15日の参役宣状祭がら始まり、23日の後日祭…
  2. 祇園祭
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
  3. 天橋立

    天橋立

    天橋立にある磯清水(いそしみず)は周囲に宮津湾・阿蘇海があるにも関わらず、塩味を感じない不思議な名水…
ページ上部へ戻る