春のをどり・おどり2015/3/25~

祇園甲部都をどり

春のをどり(おどり)は京都の春の風物詩です。春のをどりは3月下旬から行われる北野をどり(上七軒)を皮切りに都をどり(祇園甲部)・京おどり(宮川町)・鴨川をどり(先斗町)と続き、5月下旬頃まで楽しむことができます。ただ春のをどりを見る場合、期間・時間・料金などは事前にネットなどでチェックした方がいいかもしれません。

【春のをどり・おどり マップ・地図】

【北野をどり 上七軒】
場所・・・上七軒歌舞練場 京都府京都市上京区今出川通七本松西入真盛町742
期間・・・3/25~4/7
時間・・・13:30・16:00開演の1日2回公演
料金・・・お茶席券付4,800円・お茶席券無4,300円・お茶券600円(税込)
歴史・・・北野をどりは1952年(昭和27年)北野天満宮で50年に1度行われる大萬燈祭の記念して、最初に上演されました。
北野をどり(アクセス・見どころ・・・)

スポンサーリンク


【都をどり 祇園甲部】
場所・・・祇園甲部歌舞練場 京都府京都市東山区祇園町南側570-2
期間・・・4/1~4/30
時間・・・12:30・14:00・15:30・16:50開演の1日4回公演
料金・・・茶券付特等観覧券4,800円、一等観覧券4,200円、二等観覧券2,500円(税込)
歴史・・・都をどりは1872年(明治5年)京都で初めて開催された博覧会の余興として、鴨川をどり(先斗町)と共に上演されたのが始まりです。
都をどり(アクセス・見どころ・・・)

【京おどり 宮川町】
場所・・・宮川町歌舞練場 京都府京都市東山区宮川筋4-306
期間・・・4/4~4/19
時間・・・12:30・14:30・16:30開演の1日3回公演
料金・・・一等席券・茶券付4,800円、一等席券4,200円、二等席券・茶券付2,800円、二等席券2,200円、お茶券600円、プログラム600円
歴史・・・京おどりは1950年(昭和25年)に最初に上演されました。
京おどり(アクセス・見どころ・・・)

【鴨川をどり 先斗町】
場所・・・先斗町歌舞練場 京都府京都市中京区先斗町三条下ル
期間・・・5/1~5/24
時間・・・12:30・14:20・16:10開演の1日3回公演
料金・・・茶券付特別席4,800円、特別席4,200円、普通席2,300円
歴史・・・鴨川をどりは1872年(明治5年)京都で初めて開催された博覧会の余興として、都をどり(祇園甲部)と共に上演されたのが始まりです。
鴨川をどり(アクセス・見どころ・・・)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る