黄梅院

黄梅院

黄梅院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。黄梅院には千利休の師である茶人・武野紹鴎作と言われる四帖半の茶室「昨夢軒(さくむけん)」があります。なお千利休は大徳寺の山門に利休の像を安置した為、豊臣秀吉の怒りをかって、自決の原因となったと言われています。

【黄梅院 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市北区紫野大徳寺町83-1
最寄り駅・バス停・・・大徳寺前(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から黄梅院は101系統(B2乗り場)、205系統(B3乗り場)、206系統(A3乗り場)
*四条河原町からは12系統、205系統
*四条烏丸からは12系統
*河原町丸太町からは204系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【黄梅院 拝観時間・時間(要確認)】
10:00~16:00

【黄梅院 拝観料金・料金(要確認)】
2000円(呈茶・法話・拝観)

スポンサーリンク


【黄梅院 歴史・簡単概要】
黄梅院(おうばいいん)は1562年(永禄五年)織田信長が父・信秀(のぶふで)の追善菩提の為、京都所司代であった豊臣秀吉に命じ、小庵・黄梅庵を建立させたのが起源です。1582年(天正10年)本能寺の変で自刃した織田信長の塔所として、改築されたが、信長の塔所としては「小なり」として、総見院(そうけんいん)が建立されました。その後黄梅庵から黄梅院に名称が改められました。
黄梅院は臨済宗大徳寺派・大徳寺の塔頭です。
*参考・・・黄梅院黄梅院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【黄梅院 見どころ・文化財】
黄梅院の見どころは重要文化財である本堂と庭園・直中庭(じきちゅうてい)です。直中庭には加藤清正が朝鮮から持ち帰った朝鮮灯籠が据えられています。

重要文化財・・・本堂、庫裏、紙本墨画竹林七賢図 伝雲谷等顔筆、紙本墨画芦雁図 伝雲谷等顔筆、紙本墨画山水図 伝雲谷等顔筆

【黄梅院 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-492-4539

【黄梅院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
大徳寺(アクセス・見どころ・・・)情報
大徳寺見どころ

【黄梅院 おすすめ散策ルート】
黄梅院からのおすすめ散策ルートは大徳寺を経由し、西側にある金閣寺(鹿苑寺)に向かうルートです。20分ほど散策すれば、世界遺産である金閣寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお黄梅院周辺には大徳寺だけでなく、瑞峯院・大仙院・芳春院・黄梅院・興臨院・龍光院などもあり、それらを散策してから金閣寺に向かうのもいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 清水寺

    2017年4月のイベント

    京都市内などで2017年4月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 葵祭

    2017年5月のイベント

    京都市内などで2017年5月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ前儀・後儀(…
  2. 賀茂競馬
    賀茂競馬2017は京都の春の風物詩です。賀茂競馬は毎年5月5日に行われています。賀茂競馬では12頭の…
  3. 流鏑馬神事
    流鏑馬神事2017は京都の春の風物詩です。流鏑馬神事は毎年5月3日に行われています。流鏑馬神事は5月…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る