過去の記事一覧

  • 美山かやぶきの里

    美山かやぶきの里

    美山かやぶきの里・北村に建てられている茅葺き民家は江戸時代中頃から末期頃に建てられたものが多く、茅葺き民家の維持には数十年毎に屋根の茅を葺き替えする必要があるそうです。なお北村の茅葺き民家は妻入(切妻)の北山型民家に分類されるそうです。
  • 京都佛立ミュージアム

    京都佛立ミュージアムは日蓮門下京都最古の宥清寺(ゆうせいじ)を本山とする本門佛立宗が運営しています。宥清寺は1308年(延慶元年)に日蓮宗の開祖・日蓮聖人の直弟・日弁(にちべん)が藤原定家旧邸に青柳山本門寺を建立したのが起源と言われています。
  • ゼスト御池

    ゼスト御池がある御池通(おいけどおり)は京都市中京区の中央部を東西に横断し、かつては平安京の三条坊門小路でした。御池通には1997年(平成9年)から京都市営地下鉄東西線が走り、祇園祭では前祭(7月17日)・後祭(7月24日)で山鉾(前祭23基・後祭10基)が巡行します。
  • 京都芸術劇場春秋座

    京都芸術劇場春秋座では2013年(平成25年)5月1日に2代目・市川猿翁 (3代目・市川猿之助)さんが芸術監督に着任したそうです。市川猿翁は1966年(昭和41年)から春秋会を主宰し、1986年(昭和61年)に現代風のスーパー歌舞伎・ヤマトタケルの初演しました。
  • 蔵林寺

    蔵林寺では浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が京都東山大谷(京都市東山区)で亡くなった1212年(建暦2年)に因んで、毎年12月12日に厄よけ大根焚き法要が行われています。大根焚きは食べると1年間無病息災のご利益があるとも言われているそうです。
  • 角屋もてなしの文化美術館

    角屋もてなしの文化美術館がある島原は五花街(上七軒・祇園甲部・祇園東・先斗町・宮川町)と合わせて、六花街と言われました。島原には現在もかつての風情を感じさせる置屋兼お茶屋の輪違屋(わちがいや)や島原の東入口である島原大門(しまばらおおもん)も残っています。
  • 酢屋

    酢屋では坂本龍馬の命日である11月15日に酢屋龍馬祭、11月に龍馬追悼展を行っています。酢屋龍馬祭では祭壇を設け、龍馬を偲んで献杯を行います。酢屋龍馬祭は誰でも参加することができ、献杯者は龍馬追悼展に招待されるそうです。(要確認)ちなみに酢屋龍馬祭は2016年(平成28年)が31回目になるそうです。
  • 祇園

    祇園

    祇園にある花街・祇園甲部と祇園東は江戸時代初期に祇園社(八坂神社)の門前で営業していた水茶屋とそこで働く茶点て女が起源と言われています。京都所司代・板倉重宗(いたくらしげむね)から茶点て女を置くことが許可され、祇園社門前の茶屋町を祇園町と言うようになりました。
  • 南禅寺

    南禅寺

    南禅寺山門は歌舞伎「楼門五三桐」の中で石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」と言ったとされています。なお琵琶湖疏水水路閣(水道橋)はドラマの撮影に使われることが多く、見覚えがある人も多いかもしれません。南禅寺,なんぜんじ,Nanzen-ji Temple,Nanzen Temple,Nanzenji Temple

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 青蓮院紅葉ライトアップ
    青蓮院ライトアップ2018(紅葉・秋)は京都の秋の風物詩です。青蓮院ライトアップは毎年紅葉が見ごろを…
  2. 将軍塚大日堂
    将軍塚青龍殿ライトアップ2018(紅葉・秋)は京都の秋の風物詩です。将軍塚青龍殿ライトアップは毎年紅…
  3. 円徳院
    円徳院ライトアップ2018(紅葉・秋)は京都の秋の風物詩です。円徳院ライトアップは毎年紅葉が見ごろを…
  4. 高台寺紅葉ライトアップ
    高台寺ライトアップ2018(紅葉・秋)は京都の秋の風物詩です。高台寺ライトアップは毎年紅葉が見ごろを…
  5. 清水寺ピンクイルミネーション
    ピンクイルミネーションは京都の秋の風物詩です。ピンクイルミネーションは毎年10月上旬頃から下旬頃まで…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る