蓮光寺

蓮光寺

蓮光寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(最終確認2014年末)蓮光寺の本尊「阿弥陀如来像」は背負われていた唐櫃から光を放ち、二つに分身したという仏師・快慶と僧・覚明の故事から「負別(おいわけ)阿弥陀」と言われています。なお蓮光寺は洛陽四十八願所地蔵巡りの第45番札所です。

【蓮光寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市下京区富小路六条上る本塩竈町534
最寄り駅・バス停・・・河原町五条(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から蓮光寺は4系統(A2乗り場)、17系統(A2乗り場)、205系統(A2乗り場)
*四条河原町からは4系統、17系統、205系統
*河原町丸太町からは17系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約10分)

【蓮光寺 拝観時間・時間(要確認)】
10:00~16:00
年中無休

【蓮光寺 拝観料金・料金(要確認)】
本尊特別拝観・・・1000円(説明・煎茶・菓子付)

スポンサーリンク


【蓮光寺 歴史・簡単概要】
蓮光寺(れんこうじ)は寺伝によると1492年(明応元年)真盛(しんせい)が新町高辻に創建しました。その後2世・順誉蓮光が名称を萱堂(かやどう)から蓮光寺に改め、豊臣秀吉の命によって現在の場所に移され、天台宗から浄土宗に改めたと言われています。寛文年間に霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵(伏見六地蔵・鳥羽地蔵・桂地蔵・常盤地蔵・鞍馬口地蔵・山科地蔵)以外の48寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所地蔵巡り(京都48願寺)のひとつに数えられました。なお1788年(天明8年)の天明の大火などによって度々焼失するが、1896年(明治29年)に現在の本堂が再建されました。
蓮光寺は浄土宗鎮西派の寺院です。
*参考・・・蓮光寺

【蓮光寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
蓮光寺の見どころは平清盛の駒(馬)を止めたという駒止(こまどめ)地蔵(首切り地蔵)です。

【蓮光寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-351-3066

【蓮光寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【蓮光寺 おすすめ散策ルート】
蓮光寺からのおすすめ散策ルートは福田寺・渉成園(枳殻邸)を経由し、南西にある東本願寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、東本願寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおルートの周辺には新善光寺・本覚寺・宗仙寺・長講堂などもあり、それらを散策してから東本願寺に向かうのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る