龍雲寺

龍雲寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)龍雲寺では1796年(寛政8年)信濃・善光寺の一光三尊仏阿弥陀如来像が御開帳され、信徒からの懇望によって阿弥陀如来像の模刻像が造られました。それ以降龍雲寺は桃山善光寺・新善光寺と言われるようになりました。

【龍雲寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区桃山毛利長門東町37
最寄り駅・バス停・・・桃山駅(徒歩約6分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から龍雲寺はJR奈良線

*京阪電車本線の場合、最寄り駅は伏見桃山駅(徒歩約15分)
*近鉄京都線の場合、最寄り駅は桃山御陵前駅(徒歩約15分)

【龍雲寺 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【龍雲寺 拝観料金・料金(要確認)】
不明

スポンサーリンク


【龍雲寺 歴史・簡単概要】
龍雲寺(りゅううんじ)・桃山善光寺は起源が明確ではありません。かつて深草大亀谷敦賀町にありました。1715年(正徳5年)伏見奉行・石川備中守総乗が桃山町三河に移し、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉の念持仏・観音菩薩像を本尊として、伏見城で討死した鳥居元忠らの菩提寺にしました。なお1894年(明治27年)明治天皇陵(伏見桃山陵)として買い上げられ、1898年(明治31年)に現在の場所に移りました。
龍雲寺は天台宗の寺院です。
*参考・・・龍雲寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【龍雲寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
龍雲寺の見どころは本堂です。本堂は醍醐寺の塔頭を移したと言われています。

【龍雲寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・

【龍雲寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【龍雲寺 おすすめ散策ルート】
龍雲寺からのおすすめ散策ルートは南西にある御香宮神社に向かうルートです。10分ほど散策すれば、御香宮神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお龍雲寺は市街地から離れ、周囲にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る