千光寺

千光寺

千光寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)千光寺を中興した角倉了以(すみのくらりょうい)は民間貿易の創始者として、南方諸国と交易を行いました。また角倉了以は渡月橋を現在の場所に架けたり、高瀬川・保津川・富士川・天龍川などを開鑿(かいさく)したりしました。

【千光寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市西京区嵐山中尾下町62
最寄り駅・バス停・・・阪急嵐山駅前(徒歩約30分)、嵐山(徒歩約35分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から千光寺は28系統(D3乗り場)阪嵐
*四条河原町からは11系統嵐
*四条烏丸からは11系統嵐
*河原町丸太町からは93系統嵐
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*阪急電鉄嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約30分)
*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約35分)
*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約40分)

【千光寺 拝観時間・時間(要確認)】
10:00~16:00
年中無休

【千光寺 拝観料金・料金(要確認)】
大人400円

スポンサーリンク


【千光寺 歴史・簡単概要】
千光寺(せんこうじ)・大悲閣は鎌倉時代後嵯峨天皇の祈願寺だったが、その後衰退しました。1614年(慶長19年)角倉了以(すみのくらりょうい)が二尊院の僧・道空了椿(どうくうりょうちん)を中興開山として、建立しました。しかしその後荒廃し、1808年(文化5年)京都の豪商・風間八左衛門(かざまはちざえもん)が角倉了以200年忌に再興し、日野黄檗宗・正明寺(しょうみょうじ)の末寺になりました。
千光寺は黄檗宗の単立寺院です。
*参考・・・千光寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【千光寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
千光寺の見どころは夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)の座禅石です。

【千光寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-861-2913

【千光寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
*京都バスの場合、京都駅からは72系統(C6乗り場)、最寄りのバス停は嵐山(徒歩約35分)
京都バス・アクセスダイヤ

【千光寺 おすすめ散策ルート】
千光寺からのおすすめ散策ルートは桂川に架かる渡月橋を渡り、天龍寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、嵐山・嵯峨の自然を感じながら世界遺産である天龍寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお天龍寺周辺には竹林の道(竹林の小径)・野宮神社・柿落舎などもあり、それらも一緒に散策するのもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る