泉涌寺

泉涌寺

泉涌寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。泉涌寺のある月輪山の山麓地域には泉涌寺で葬儀が営まれた歴代天皇・皇后などの陵墓があり、「月輪陵(つきのわのみさぎ)」と名付けられています。こうした皇室との縁により、「御寺(みてら)泉涌寺」と呼ばれています。

【泉涌寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
最寄り駅・バス停・・・泉涌寺道(徒歩約7分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から泉涌寺は208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR奈良線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約15分)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約15分)

【泉涌寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:30(3/1~11/30)
9:00~16:00(12/1~2/末日)
毎月第4月曜日心照殿(宝物館)は休館です。

【泉涌寺 拝観料金・料金(要確認)】
大人500円、中学生以下300円
特別拝観は300円

スポンサーリンク


【泉涌寺 歴史・簡単概要】
泉涌寺(せんにゅうじ)は起源が明確ではありません。泉涌寺は天長年間に真言宗の開祖である弘法大師・空海が草庵を結び、法輪寺と名付けたのが起源とも、856年(斉衡3年)左大臣・藤原緒嗣(ふじわらのおつぐ)が神修上人を開山に山荘を寺に改め、法輪寺と称したのが起源とも言われています。(諸説あり)その後1218年(建保6年)月輪大師(がちりんだいし)・俊じょう(しゅんじょう)が鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の家臣・宇都宮信房(うつのみやのぶふさ)から寄進され、1226年(嘉禄2年)宋法式を取り入れた伽藍を造営し、名称を泉涌寺に改めました。泉涌寺の名称は寺地の一角から清水が涌き出したことに由来しています。1224年(貞応3年)後堀河天皇が皇室の祈願寺にし、後堀河天皇の陵墓が築かれ、その後江戸時代には後水尾天皇から孝明天皇までが山内に葬られ、「御寺(みてら)」と尊称されるようになりました。
泉涌寺は真言宗泉涌寺派の総本山です。
泉涌寺歴史年表
*参考・・・泉涌寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ泉涌寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【泉涌寺 見どころ・文化財】
泉涌寺の見どころは重要文化財である仏殿や大門です。なお泉涌寺は紅葉の名所の為、秋に訪れてもいいかもしれません。
泉涌寺見どころ(見所)詳細
京都紅葉名所・見頃

重要文化財・・・仏殿、大門、開山堂、開山塔(石造無縫塔)、石造無縫塔、絹本著色道宣律師・元照律師像、絹本著色俊じょう律師像、絹本著色後陽成院像、木造観音菩薩坐像(楊貴妃観音)

【泉涌寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-561-1551

【泉涌寺 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【泉涌寺 おすすめ散策ルート】
泉涌寺からのおすすめ散策ルートは東福寺に向かうルートです。10分ほど散策すれば、東山の自然を楽しみながら東福寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお北側にあるJRの線路を越え、三十三間堂に向かうルートもおすすめです。三十三間堂周辺には方広寺・豊国神社・智積院・国立博物館などもあり、楽しむことができます。ただあまり無理はしない方がいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 聖護院節分会

    2017年2月のイベント

    京都市内などで2017年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭2017は京都の秋の風物詩です。時代祭は毎年10月15日の参役宣状祭がら始まり、23日の後日祭…
  2. 祇園祭
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
  3. 天橋立

    天橋立

    天橋立にある磯清水(いそしみず)は周囲に宮津湾・阿蘇海があるにも関わらず、塩味を感じない不思議な名水…
ページ上部へ戻る