下鴨神社・上賀茂神社散策コース

下鴨神社

下鴨神社から上賀茂神社に向かう散策ルートは京都観光・旅行でも人気が高いルートです。下鴨神社からは加茂川(鴨川)沿いにヤエベニシダレザクラが有名な半木の道などを通って上賀茂神社に向かいます。周辺には京都府立植物園・大田神社などがあり、寄り道するのもいいかもしれません。

【下鴨神社・上賀茂神社 散策ルート】

【下鴨神社・上賀茂神社 散策ルート概要】
下鴨神社から上賀茂神社は距離が約4.1キロ、徒歩では約55分掛かります。下鴨神社から上賀茂神社までは少し上り、結構距離がある為、あまり無理はしない方がいいかもしれません。ただ半木の道は桜の名所の為、桜が見頃を迎える春は時間を気にすることなく、散策することができるかもしれません。なお周辺には御手洗池がある井上社・約12万本の植物が植えられている京都府立植物園・京都府立植物園の守り神である半木神社・約25,000株のカキツバタが自生している大田神社などがあり、楽しみながら散策することができます。

スポンサーリンク


【下鴨神社 歴史・簡単概要】 世界遺産
下鴨神社は神武天皇の御代に比叡山西麓の御蔭山(みかげやま)に賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が降臨したのが起源とも言われています。なお下鴨神社と上賀茂神社の祭礼・葵祭(賀茂祭)は毎年5月に行われ、祇園祭・時代祭と合わせて京都三大祭りに数えられています。
下鴨神社(アクセス・見どころ・・・)

【井上社 歴史・簡単概要】
井上社・御手洗社は加茂川(鴨川)と高野川の合流地の東岸にあった唐先社が起源です。井上社の名称は井戸の井筒の上に祀られていることに由来しています。なお井上社は下鴨神社の境内末社で、下賀茂神社・上賀茂神社の例祭・葵祭(賀茂祭)に先だって御手洗池では斎王代が禊を行います。
井上社(アクセス・見どころ・・・)

【京都府立植物園 歴史・簡単概要】
京都府立植物園は1924年(大正13年)1月1日に日本最初の公立植物園として開園しました。その後戦後一時連合国軍に接収されたが、1961年(昭和36年)4月に再開しました。なお24ヘクタールの敷地に約12,000種類、約12万本の植物が植えられているが、自然に近い半木(なからぎ)の森もあります。
京都府立植物園(アクセス・見どころ・・・)

【半木神社 歴史・簡単概要】
半木神社は起源が明確ではありません。半木神社は上賀茂神社の境外末社で、上賀茂神社と下鴨神社の間にあることから半木神社と言われるようになったとも言われています。なお半木神社は京都府立植物園内の「なからぎの森」にあり、植物園の開園後は植物園の守り神になりました。
半木神社(アクセス・見どころ・・・)

【半木の道 歴史・簡単概要】
半木の道は京都府立植物園の西にある賀茂川の東側堤防の内、北大路橋から北山大橋の間の1キロ弱の道です。半木の道は桜の名所で、ヤエベニシダレザクラが「桜のトンネル」のように咲き誇ります。なお半木の道の名称は京都府立植物園内の「なからぎの森」にある半木神社に由来しています。
半木の道(アクセス・見どころ・・・)

【大田神社 歴史・簡単概要】
大田神社は起源が明確ではありません。大田神社は以前から賀茂県主(かものあがたぬし)が祀られていた場所と言われています。なお約2000平方メートルの敷地に約25,000株が自生しているカキツバタは国の天然記念物です。カキツバタは例年5月に見頃を迎えます。
大田神社(アクセス・見どころ・・・)

【上賀茂神社 歴史・簡単概要】 世界遺産
上賀茂神社は神代の昔に賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)が現社殿の北北西にある秀峰・神山に降臨したのが起源とも言われています。その後678年(天武天皇7年)に社殿が造営されたと言われています。なお細殿前の円錐状の2つの砂の山・立砂は鬼門にまく清めの砂の起源と言われています。
上賀茂神社(アクセス・見どころ・・・)

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 清水寺

    2017年4月のイベント

    京都市内などで2017年4月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る