新京極通・錦市場雨散策コース

たらたら坂

新京極通・寺町通・錦市場界隈の散策ルートは京都観光・旅行でも人気が高いルートです。お土産の買い物などで訪れた方も多いのではないでしょうか。なお新京極通・寺町通・錦市場などはアーケードに覆われている為、雨(天候)を気にする必要はありません。また新京極には七不思議もあり、買い物以外でも楽しむことができます。

【新京極通・錦市場 散策ルート】

【新京極商店街 歴史・簡単概要】
新京極商店街は三条通から四条通まで続く新京極通にある商店街です。新京極商店街には土産物店・飲食店などの商店が立ち並んでいます。なお新京極にはかつて金蓮寺があったが、寺地が切り売りされて飲食店・見世物小屋などができ、人が集まるようになりました。そこで寺院の寺地を整理し、1872年(明治5年)に「新京極通」が作られました。
新京極商店街(アクセス・見どころ・・・)

スポンサーリンク


【寺町京極商店街 歴史・簡単概要】
寺町京極商店街は寺町通の内、三条通から四条通まで続く商店街です。寺町京極商店街には衣料雑貨店などの商店が立ち並んでいます。なお寺町通はかつて都の最も東にある通りで、東京極大路と言われていたが、応仁の乱で荒廃しました。その後1590年(天正18年)関白・豊臣秀吉が再興し、寺院を集めたことから「寺町通」に改められました。
寺町京極商店街(アクセス・見どころ・・・)

【寺町専門店会商店街 歴史・簡単概要】
寺町専門店会商店街は寺町通の内、御池通から三条通まで続く商店街です。寺町専門店会商店街は本能寺・天性寺・矢田寺とともにある商店街です。なお寺町通は関白・豊臣秀吉が再興し、寺院を集めたことから宗派を問わず、約80もの寺院とその塔頭が集まっていたそうです。
寺町専門店会商店街(アクセス・見どころ・・・)

【錦市場商店街 歴史・簡単概要】
錦市場商店街は錦小路通の内、寺町通から高倉通まで続く商店街です。錦市場商店街には生鮮食品店などの商店が立ち並んでいます。なお錦市場は平安時代に豊富な地下水を利用し、京都御所に新鮮な魚を納める店が集まったのが起源と言われ、1300年の歴史を持つことから「京の台所」と言われています。
錦市場(アクセス・見どころ・・・)

【三条名店街 歴史・簡単概要】
三条名店街は三条通の内、河原町通から寺町通まで続く商店街です。三条名店街には300年を越える老舗と若者の集まる商店が立ち並んでいます。なお三条通はかつての三条大路で、鴨川に架かる三条大橋は東海道五十三次の終点でした。また東海道から三条通に入る場所は「粟田口」と言われ、「京の七口」の一つでした。
三条名店街(アクセス・見どころ・・・)

【新京極七不思議 歴史・簡単概要】
新京極界隈にはたらたら坂(三条通から新京極通に入る場所)・迷子の道しるべ(誓願寺)・五臓六腑のある阿弥陀如来像(誓願寺)・逆蓮華の阿弥陀如来像(安養寺)・未開紅の梅(長仙院)・和泉式部塔(誠心院)・染殿地蔵(染殿院)の七不思議があります。
新京極七不思議

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 東山花灯路
    東山花灯路2019は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北側の…
  4. 青龍会
    清水寺青龍会は京都の春の風物詩です。青龍会は毎年3月14日・3月15日に行われています。青龍会では転…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る