勝持寺

勝持寺

勝持寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)勝持寺は境内に約100本の桜が植えられ、古くから桜の名所で、「花の寺」とも言われています。桜は平安時代に北面武士として鳥羽院に奉仕し、その後勝持寺で出家したとも言われている西行(さいぎょう)が植えたとも言われ、鐘楼の側に西行桜と言われる桜の木があります。

【勝持寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市西京区大原野南春日町1194
最寄り駅・バス停・・・南春日町(徒歩約20分)

阪急バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*阪急電鉄・東向日駅からは63系統、65系統    
阪急バス・アクセスダイヤ

【勝持寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00 (受付16:30終了)
毎年2月中は拝観休止です。(要予約)

【勝持寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人400円、中高生300円、小学生200円

団体(30名以上)
大人350円

スポンサーリンク


【勝持寺 歴史・簡単概要】
勝持寺(しょうじじ)は679年(白鳳8年)に神変大菩薩(じんべんだいぼさつ)と言われ、修験道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)・役小角(えんのおづの)が天武天皇の勅により、創建したのが起源と言われています。その後791年(延暦10年)に天台宗の宗祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄が桓武天皇の勅により、伽羅を再建し、一刀三礼をもって刻んだ薬師瑠璃光如来を本尊に安置しました。838年(承和5年西暦)に仁明天皇の勅により、塔頭49院が創建されたが、応仁の乱の兵火により、仁王門を除いて焼失し、天正年間(1573年~1592年)に建物が再建されました。江戸時代には江戸幕府5代将軍・徳川綱吉や生母・桂昌院(けいしょういん)の帰依を受けたそうです。
勝持寺は天台宗の寺院です。
*参考・・・勝持寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ勝持寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【勝持寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
勝持寺の見どころは鐘楼の側にある西行桜です。なお勝持寺は桜だけでなく、紅葉の名所の為、秋に訪れてもいいかもしれません。
京都桜見頃・桜だより
京都紅葉名所・紅葉見ごろ

重要文化財・・・木造薬師如来坐像、木造薬師如来坐像、木造金剛力士立像、大原野千句連歌懐紙

【勝持寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-331-0601

【勝持寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【勝持寺 おすすめ散策ルート】
勝持寺からのおすすめ散策ルートは大原野神社に向かうルートです。10分ほど散策すれば、大原野の自然を感じながら大原野神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。ただ勝持寺周辺には観光スポットがあまり多くありません。その為次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る