雲祥院

雲祥院

雲祥院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)雲祥院を開祖したとも言われている海山元珠は徳川家康による祥雲寺(祥雲禅寺)・豊国社(豊国神社)の破却への抵抗を表す為、祥雲寺の祥雲を逆さにして雲祥院としたと言われています。なお祥雲禅寺は豊臣秀吉の子・棄丸の菩提寺です。

【雲祥院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区花園寺ノ中町6
最寄り駅・バス停・・・妙心寺前(徒歩約8分)、妙心寺北門前(徒歩約2分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは26系統(D3乗り場)北
*四条烏丸からは26系統北、91系統前
*四条河原町からは10系統北
*河原町丸太町からは10系統北、93系統前
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は花園駅(徒歩約10分)
*嵐電(京福電鉄)北野線の場合、最寄り駅は妙心寺駅(徒歩約5分)

【雲祥院 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【雲祥院 拝観料金・料金(要確認)】
不明

スポンサーリンク


【雲祥院 歴史・簡単概要】
雲祥院(しょううんいん)は起源が明確ではありません。1598年(慶長3年)上杉景勝の家臣・千坂宗策(ちさかむねもり)が亀仙庵(きせんあん)を創建したのが起源とも、1598年(慶長3年)細川氏の家臣・長岡是庸(ながおかこれつね)が妙心寺105世・海山元珠(かいざんげんじゅ)を開祖として創建したのが起源も言われています。(諸説あり)その後1878(明治11年)瓊林院(けいりんいん)に合寺され、雲祥院の院号だけが残されたが、1909年(明治42年)の全焼後に再建されました。なお瓊林院は1617(元和3年)熊谷半次(くまがいなかつぐ)が鼇山(ごうざん)を開祖として、創建しました。
雲祥院は臨済宗妙心寺派大本山・妙心寺の塔頭です。
*参考・・・雲祥院(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【雲祥院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
雲祥院の見どころは再建された雲祥院です。

【雲祥院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-463-6565

【雲祥院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
*京都バスの場合、三条京阪からは61系統、62系統、63系統、65系統、最寄りのバス停は妙心寺前(徒歩約8分)
京都バス・アクセスダイヤ
妙心寺(アクセス・見どころ・・・)情報
妙心寺見どころ

【雲祥院 おすすめ散策ルート】
雲祥院からのおすすめ散策ルートは妙心寺北にある「きぬかけの道」沿いに仁和寺・龍安寺を散策するルートです。40分ほど散策すれば、いすれも世界遺産である仁和寺・龍安寺を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお雲祥院周辺には妙心寺・退蔵院・養源院・玉鳳院・春光院・大雄院・桂春院があり、それらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 聖護院節分会

    2019年2月のイベント

    京都市内などで2019年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…
  2. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅花祭野点大茶湯
    北野天満宮梅花祭野点大茶湯2019は京都の春の風物詩です。梅花祭野点大茶湯は梅花祭と同じ毎年2月25…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 上賀茂神社紀元祭
    上賀茂神社紀元祭は京都の春の風物詩です。紀元祭は毎年2月11日に行われています。紀元祭は現在建国記念…
  4. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  5. 世継地蔵尊大祭
    上徳寺世継地蔵尊大祭は京都の冬の風物詩です。世継地蔵尊大祭は毎年2月8日に行われています。世継地蔵尊…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る